So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

父親に愛された娘 [ひとりごと]

心理占星学では他者信頼を表すハウスは8ハウスで、対極にある2ハウスが自己信頼つまり「自信」を示すハウスになっています。

「自信がない」という人は本当に多いのですが、自信など最初からある人はいませんから、なくて当然です。
ただ、ことさらに自信がないという人はどうも、他者信頼がうまくできない人のように思います。

他者を信頼することで自己を信頼することができます。
赤ちゃんは、一般的には母親に無条件の信頼を受けることで自分自身を信頼できるようになります。
この信頼は「愛」ともいえるものですが、女の子にとって、まずたいていは、生まれて最初にその「信頼」を受ける異性は父親であることが多いでしょう。

父親に無条件に愛された娘というのは、ある意味「自信」を持つことができます。
なので、特に思春期の恋愛において、好きだという気持ちを相手に割と率直に伝えることができます。
自分の容姿に自信があるというのではなく、自分自身を信頼できるという意味での自信があるからです。

ところが、幼少期に何らかの理由で父親に愛されなかったり、父親がほとんど家にいないとか、子育てに関心のなかった場合、そういう環境で育った娘の多くは自己信頼がいびつになるので、恋愛面で自信が持てません。異性に対して信頼されるかどうかが不安で仕方がないので、他者信頼、つまり相手を好きになってもその自分の気持ちに自信が持てないため、
「好きだといっても受け入れてもらえなかったらどうしよう」と思います。

父親に愛されすぎて母親に疎まれてしまうという娘もいます。エレクトラコンプレックスと呼ばれるもので、父親がまるで恋人のように娘をかわいがる姿を客観視できず、父親は母親にとってはかつての恋人だったので、自分を差し置いて娘に愛情のほとんどが移ってしまうように感じる母親もいます。
でも、そういう場合でも、娘は割と恋愛面で異性に愛される自信は育つので、比較的ストレートに愛情表現ができます。

私は息子はいないので、母親と息子の健全でない関係はよくわからないですが、今の時代、マザコンとはちょっと違うらしい「ママっ子男子」なる関係性が結構多いそうで、お互いにかなり信頼し合っている関係のようで好ましいといわれています。

マザコンになってくるとどうも不評ですが、ファザコンは全く健全なものとしてとらえられるのは多分父親と娘は共依存にはなりにくいからだと思います。

例えば芸能界でも高橋真麻さんと父親の高橋英樹さんの関係は仲良しで有名ですが、真麻さんはちょっと変わっている面もあるものの、性格は非常に素直で屈託がなく、ある意味自己信頼に満ちたタイプに見えます。
父親に愛されている娘の典型だろうなと思います。

お客さんでも、素直に恋愛感情を出せるようなタイプのお嬢さんは、お父さんと仲良しだというケースが多いです。

我が家でも、主人は長女を溺愛していましたので、次女のほうが正直容姿もかわいいし、異性にもてていたのにもかかわらず、長女は自分に対して根底に自信を持っています。次女は異性の友人は多かったのですが、自分にはいまだにあまり自信は持っていません。主人と似ているせいか、あまりそりが合わなかったからです。長女は年上好きですが、次女は同級生とばかりつきあっていました。

社会生活においてこの「自己信頼」という自信はとても大事です。

ですから、女の子の場合、父親との関係はやはり幼少期はかなり大事です。
男の子の場合はむしろ思春期になったときに父親の役割が大事な気がします。

私自身は物心ついたときから父親はいないので、異性に対しての免疫がなく、恋愛面でいうと自信はかけらもなく、いつもおどおどしていたと思います。

溺愛しすぎるのもどうかとは思いますがやはり父親に愛されていた、と言い切れる娘さんは大人になった場合に、人を純粋に愛することもできるし、それを臆せず相手に伝えられると思います。
ですから結婚して子供ができても、自分のご主人が子供、特に娘を溺愛してもそれをほほえましく見守ることができるわけです。

私の友人で、中学生の時に両親が離婚し、その原因が父親の暴力だったという子がいて、もちろん彼女は父親を憎んでいますが、自分の子供は男女両方いますがとても愛情を持って育てていました。ただ、彼女自身、ご主人がややDVっぽい(言葉の)人で、いまだにご主人に逆らえず、我慢ばかりしています。こういうケースは子供に対しては愛情を持っていても、自分の恋愛に対してはやはり自分に自信がないせいで、かわいいし、優しい人なのに、選んだ相手がちょっと・・・という気がしました。

別の人は、父親がアルコール依存でやはり恋愛面でダメンズを選んだり、共依存になったりしていました。

もちろん、年齢を重ねていく中で経験値を積んで努力して他者信頼がきちんと形成される人もいますが、
やはり幼少期の父親との関係は、女の子にとってはその後の恋愛面に大きく影響するのではないかと、いろんな人を見ていて思います。

水星による知性の現れ方 [占星学]

相性と言うとどうしても金星や火星が大事だと思いますし、恋愛に結び付けやすいのですが、案外忘れてはいけないのが水星だったりします。
いくら金星や火星が相性がよくても、水星同士の相性や、水星と相手のライツとの相性がよくなかったり、どちらかの水星にトランスサタニアンが凶角を形成したりすると、意思の疎通がうまく行かないというケースが多く、本質的には気が合うとしても、やはり人と人とは会話をしないわけにいかないので、会話のテンポが全くずれてしまうと、良い関係性を続けて行くことが難しいと思います。

水星のある星座で知性・ユーモアのセンス・考え方などを示しますが、水星は太陽とは最大でも28度以上離れませんのでたとえば牡羊座の太陽の場合だと、水星は魚座か牡羊座か牡牛座かの三通りしかできません。他の星座も同じで、その星座とその前後の星座の三通りになるのです。
太陽星座と水星の星座が同じ場合はまあ、本人の性質と考え方や言語体系に矛盾はありませんが、その他は太陽星座の隣つまりエイリアンサインになるため、本質と矛盾した言語体系を持つことになるため、太陽星座のイメージでその人の言語体系を捉えてしまうと割と「?」ということが起きやすくなります。

ただ、水星も、話し言葉と書き言葉がありますので、そのどちらに出るかはアスペクトする惑星にもよるでしょうし、水星のあるハウスにもよると思います。

水星が牡羊座・・・積極的で好戦的な知性つまり、能動的に一人称を使うことが多いでしょう

水星が牡牛座・・・遅発型実務的知性つまり反応自体は遅く、まどろっこしい印象にはなるが一度覚えたことは忘れない

水星が双子座・・・ルーラーになるので多才で早発型知性つまりのみこみも反応も早く一を聞いて十を知るタイプ

水星が蟹座・・・記憶力がよく、感情的知性つまりハートフルな言語体系を持つため、気持ちのこもらない会話を嫌う

水星が獅子座・・・創造的で刺激的な知性つまりオーバーリアクションになる場合が多い。表現力が豊か

水星が乙女座・・・論理的で批判的な知性つまりロジカルでやや理屈っぽくなり、人の欠点を指摘したり正しさで追い込む場合も

水星が天秤座・・・合理的で比較的な知性つまりわかりやすいけれど一般論を述べたり、常識的な言語体系を持つ

水星が蠍座・・・洞察的で実証的知性つまり深く考えた上で言葉にするため検証する必要がありややめんどくさがられる場合も

水星が射手座・・・直接的で衝動的知性つまり思ったことを割とすぐに口にしてしまう傾向があるため日によって変化することがある

水星が山羊座・・・慎重で集中力のある知性つまり時間をかけてじっくり考えた上で言葉にするためその言葉は信用できるが重たい

水星が水瓶座・・・独創的で抽象的な知性つまり一般常識からかけ離れている場合があったり個性的でユニーク

水星が魚座・・・直観的で情緒的な知性つまり心で感じ取ったことを言語にするため主観的になりがち

この分類は案外当てはまっている気がします。
私自身、太陽は山羊座なので山羊座の水星なら慎重でじっくり考えてからモノを言うとか書くのに、水星が射手座ですから、確かに思いつきでパッと言ってしまったり、書いてしまうので、次の瞬間には変化していたりすることがあり、前に言ったことはもう忘れてしまっているのもあり、自分自身の本来のキャラとはややかけ離れるせいか、誤解を生むことも多々あります。

特にビジネスだと水星は大事だと思います。

HPの「占星学の玉手箱」には「占星学アラカルト」に多くの記事をアップしていますが「水星」という記事もありますので合わせて読んでみてくださいね。

占星学やタロットについてもっと知りたい方、占い鑑定や鑑定レッスンをご希望の方はセレーネ・沙湖のホームページへどうぞ

★セレーネ・沙湖の占星カウンセリング
http://sacorin.com/



北半球に星の多い人 [占星学]

ホロスコープは惑星がどこに集中して入っているかで、「半球の強調」を読むことができますが、
北半球が強調されているというのは、1ハウス~6ハウスまでに惑星が集中している場合を言います。

アセンダントが東の地平線で、MCが南中点なので、アセンダントの反対側のDESは西で、MCの反対側のICが北になるわけです。

MCは運勢四大代表だし、南中点だしで、MCに近い惑星をカルミネートしていると言ってやはり社会生活においては必要不可欠なものだったりもしますから、北半球型のホロスコープを持つ人はどうしても、

自分は目立たないのではないか?
後手に回るのではないか?
地味では?

という印象を抱きやすいかとは思います。

でも、北半球型の人(太陽が北半球にある人は陽が沈んでから昇るまでの間、夜中に生まれている人です)の場合は、幼少期の家庭環境がものすごく大事なのであって、逆に南半球型の人の場合は、社会性が強すぎるがあまり、自分の居場所がなくなってしまったり、ワーカホリックになったり、社会の要求に応じすぎてしまうという欠点もあるわけです。

北半球型の人はその点、家庭でしっかりとしつけられ、愛情をもって育った場合はむしろ素晴らしい社会性を発揮することもあるのです。

有名人で出生時間が分っている人でも、北半球型の人は結構います。
なぜかはわからないですが、王室や皇室などの人は、夜生まれの人が多い気がします。

もちろんこれらの人は大事に育てられますから、一般の人とは育つ環境は異なるでしょうけど、一般の人の場合やや自分で自分の人生を立て直そうとする時期は遅くなるというのはあります。
ただ、晩年運で、割と中年期以降になってからは安泰の人が多いとは思います。

知ってる人の娘さんもかなり極端な北半球強調型ですが、それはもう、大事に育てられたので、何不自由なく明朗快活なお嬢さんに育ちましたが、ご本人の中では仕事に対しての不満がかなりあるようです。
でも、はたから見れば悩みがないように見えますし、変化を起こしたくてもなかなか起こせないところもあります。
やはり晩年運ですし、若いころはいろいろ回り道をするかもしれません。

でも、何かしら「もってる」人だなと思うので、北半球型の人は、大器晩成型の人が多いと思います。

ですから、今だけを見て自分は運がないとか後手に回ると思う必要はありません。

逸材が案外多いホロスコープのタイプなのです。

気学入門編講座 [お知らせ]

3月22日(水)13時~14時半

玉造サロン(詳しい場所等はメールをくださった方にお教えします)

料金 5000円(プラス資料代数百円)

にて、

3か月間で基礎的な気学の知識を習得できるための講座をします。

一回目(3月22日)・・・年盤の観方(引っ越し等に必要な吉方位や六大凶殺を知る)

二回目(4月・日時は未定です)・・・月盤の観方(旅行などに必要な吉方位や天道を知る)

三回目(5月・日時は未定です)・・・相性などを知る方法とおさらい

で、だいたい自分や大切な人の吉方位を知ることができます。

もっと詳しく知りたい場合は、万年暦などが必要になってきますが、私は気学は専門家ではありませんので、本当に必要な基礎の「基」をお教えします。

吉方を知っておくととても便利です。

HPにも書いていますが、興味のある方はぜひメールをくださいね。

占星学やタロットについてもっと知りたい方、占い鑑定や鑑定レッスンをご希望の方はセレーネ・沙湖のホームページへどうぞ

★セレーネ・沙湖の占星カウンセリング
http://sacorin.com/


数字の不思議 [ひとりごと]

こういう仕事をしていると、やはり数字というものにはついつい目が行くことが多いのですが、占星学は基本的に12星座・12ハウスというように、12という数字が基本になっている場合が多いのです。

1年は12か月だし、東洋でも十二支というのがありますし、何かと関係してくる数字です。

よく、木星が自分の太陽星座に来ると「その年は良い年だ」というように一般的には言われています。(今年で言えば天秤座)もちろん、木星の影響を思い切り受けるハッピーな人もいるとは思いますが、どちらかというと、太陽星座というより、今年は木星がもともと天秤座にある人にとって、いわゆる「ジュピターリターン」になるため幸運な出来事が起きやすいと言えるでしょう。

木星はほぼ一年間一つの星座にいますので、目安をつけやすいのですが、もちろん1月から12月までしっかりひと星座にいるわけではないし、途中で逆行もしますから、だいたいの計算にはなるのですが、1969年生まれの人などは大体木星が天秤座にある世代で、そこに12を足した1981年生まれの人は木星が天秤座です。ですから、次は1993年生まれの人が概ね木星天秤座世代です。これらの人にとっては今年は割とラッキーなのです。

12年違うことを「一回り違う」と言いますが、これは先に書いた十二支のことで、要するに干支が同じということです。
1969年の一回り上がちょうど1957年で、今年還暦を迎える世代です。
今年の干支、つまりみんな酉年生まれの人たちです。

干支で言えば酉年生まれの人は「当たり年」つまり厄年みたいに言われますが、占星学でも木星はいいことも示すけれど同時に人を怠惰にする星でもあるため、安心しているととんでもないことが起きることがあります。

ただ、干支が同じ人というのは木星の星座も同じだという事です。
要するにおなじ干支で同じ木星ですので割と縁がありますし、相性的にもいいと思います。

ですから、目安としてわかりやすいでしょう。

一方、九星気学はその名の通り9という数字に縁があります。
数秘術でも9年で一つの周期を迎えますから、気学と流れは同じです。
では、占星学で9と言えば何かというと、リリスの周期なのです。
リリスは惑星ではないですが、9年で12星座を一周します。そしてだいたい9か月ひと星座にいます。

ですから、九星が同じ人は、リリスの星座が同じなのです。

私で言えば六白金星ですが(九星では2月4日の節入りまでは前の年で観るため、私のように1月1日生まれだと1958年で観ます)同じ六白金星の人、つまり9年ずつ足していけばいいのですが1967年生まれ、1976年生まれなどはすべて六白金星生まれで、リリスが概ね牡牛座になっているはずです。
リリスは9か月周期ですので、これは微妙にずれますが、やはり一つの目安にはなります。
リリスが同じという事は因縁めいた事柄も同じという事もあり、これまた縁はあります。

私自身で言うと、干支が同じ人は一回り下だと1970年生まれの人になりますが、確かにこの年回りの人とは結構縁がありますし、気が合います。
木星が概ね蠍座にある世代ということになりますが、今年の10月以降木星は蠍座に移行しますから、来年は「当たり年」です。戌年なので確かにそうです。

私は今年はあまりどの占いでも良い年ではありませんが、来年は最高に良いか最悪かのどちらかというようないわゆる覚悟の年にはなります。
おまけに年齢的に言うとサターンリターンだし、まあ、土星も木星も両方リターンするわけで、なかなか濃い年になるんだなと言う感じです。

12と9という数字はどちらも3で割り切れますが、3という数字は三角形を示し、占星学の記号だとトラインの記号でソフトアスペクトの代表です。
しかも3は射手座つまり木星を守護星にもつ星座のラッキーナンバーでもあります。

数字のことを考えるとなかなか楽しいですが、計算とか数学になってくると苦手なので厄介です。

占星学やタロットについてもっと知りたい方、占い鑑定や鑑定レッスンをご希望の方はセレーネ・沙湖のホームページへどうぞ

★セレーネ・沙湖の占星カウンセリング
http://sacorin.com/


ブレイクスルー [占星学]

今日は今年最初の日蝕ですが、日蝕は新月の特別バージョンです。
今回の日蝕は、水星や海王星とも合になっていて、非常に魚座色の強いものになっていますが、今、トランジットの天王星と冥王星はずっとスクエアの範囲内にあって、木星と絡んでTスクエアになっています。

魚座はどちらかというと混沌としたものや、垣根の曖昧なものを示しますが、Tスクエアを形成している星はどちらかというとはっきりした変化、つまりブレイクスルーを示すものです。

私はいろんな情報に基づいて有名人のホロスコープを眺めるのが日課ですが、奇しくも同じようなアスペクトの人を同じときに見ることが偶然多いのです。

先日、2月23日のお誕生日の日の皇太子殿下のお言葉に、魚座の殿下は優しいのになんというか、覚悟の見える非常に強いものを感じました。

そして、嵐の櫻井翔さんの熱愛報道。櫻井さんも殿下も、出生時間がわかるので、ホロスコープを見ているとなんと共通点が!

どちらも、アセンダントに天王星が載っているのです。
この合はまさにブレイクスルーの運を持ってるということです。

非常に進取の気性を持っていて、進歩的で自主性に富んでいて、なおかつグローバルな視野を持っているというタイプで、お二人はもちろん立場も性格も違いますが、何か既成概念を壊すべき使命を担っているような、そんな気がしないでもありません。

さらに、この二人は月が山羊座ということも共通しています。確かに落ち着いていて老成した感じがしますね。

たまたま発見したアスペクトですが、今年を象徴するかのようなブレイクスルー、今のままではいけないと誰もが思っているところがありますし、自分の人生の意思決定ができるのは自分だけですから、思い切った方向に何か決断するという人が今年は多いかもしれません。

勇気ある決断をした人は必ずギフトを得られます。
すぐにそのギフトは来なくてもやはり自分で決心したということが大きいのだと思います。

今、トランジット天王星には火星も加担しています。
枠の中から飛び出そうとする人、独立する人、いろんな人がいるかもしれません。

魚座の日蝕は緩やかで穏やかながらも、ブレイクスルーの兆しを秘めているような気がしてなりません。

占星学やタロットについてもっと知りたい方、占い鑑定や鑑定レッスンをご希望の方はセレーネ・沙湖のホームページへどうぞ

★セレーネ・沙湖の占星カウンセリング
http://sacorin.com/

「マサヒロ」は強運? [どうぶつ]

関西の人なら知っていると思いますが、天王寺動物園というところにいる「幸運のニワトリ」と言われている「マサヒロ」君ですが、近いのにまだお会いしてないのです。
一度行って、そのお姿を拝見したいものだと思っていたのですが、なにやら今、触れ合うことができなくなっているそうで・・・。

このマサヒロ君、もともと生餌としてひよこの時に動物園にやってきたのですが
一度目はちょうどマガモの子が生まれて、ニワトリのひなと一緒にしたら餌を食べるということでマガモの先生役にこのマサヒロ君が選ばれたということです。ということで一度目の命拾い。

でも、もともと餌としてやってきたため、二度目はイタチが動物園に出るということで、囮としてマサヒロ君が選ばれたのですが、これまた3日囮になっていてもイタチは現れずにセーフ。二度目の命拾い。

その後普通なら肉食獣のエサになるのですが、なぜか申し出がなかったそうで三度目の命拾い。

ということで三度も命拾いしたというのは相当な強運の持ち主だということで、幸せを呼ぶニワトリということでちゃんと飼育されることになったのです。

2015年7月生まれで、21日に雛として搬入されたのでそれ以前の生まれですから蟹座さんですね。まあ、動物の星座などはないですが、果たして強運なんだろうかとちょっと見てみたくなりました。(笑)

確かに・・・太陽と土星のトラインという、長寿の星はもっています。
強運というのなら、太陽と冥王星がオポジションです。
まあ、動物に人間と同じ運命を当てはめることはないのですが、こんな運を持ってる鳥がいるなんて、とても不思議と言えば不思議です。

ところが今、鳥インフルエンザがはやっているので、野鳥と触れたらいけないので、園内を散歩したり、お客さんと触れ合ったりすることができなくなっているそうです。
もし、園内の鳥がインフルに感染したら殺処分になってしまうそうで、それだけは勘弁してほしいです。
でも、こんな強運のマサヒロ君ならきっと、大丈夫だろうと思いますが。

この「マサヒロ」という名前は、飼育員の2人の男性の名前を合わせたものだそうですが、確かに運のいい名前だろうなと思うのです。もちろん比較的多い名前であることは確かなのですが、
有名人でもこの名前はかなりの大物揃いです。

中居正広
田中将大
本木雅弘
東出昌大
桑名正博
松岡昌宏
高嶋政宏

全て漢字が違うというのもすごいですね。

私の友人の息子さんも「マサヒロ」君と言ってとても優秀なお子さんで、灘中・高校から東大大学院を出てこの春から大手企業に就職しますし、将来の日本を背負ってたつような逸材です。

やはり何かしら「もってる」名前なんでしょうか?

動物とはいえ、やはり運ってあるように思います。

今年は酉年ですし、ぜひともマサヒロ君に会いに行きたいものです。


はったつさん [占い]

大阪で最も有名と言われている神社のひとつに「住吉大社」さんがありますが、
そこで、「はったつ」つまり「初辰」と書くのですが、毎月初めての「辰の日」に行われる「初辰まいり」というものがあるそうで、気学を勉強してからそのことを知りました。

今年は気学では六白金星は低迷運ですし、おまけに私はサターンリターンですし、大殺界ですし、どの占いを見ても今年は良くないので、ちょっと気合を入れてお参りをしようと思っています。

今月は特に、例年以上に寒暖差の激しい変な冬ですから、体調管理もままならず、我が家の平均年齢は結構高めというのもあって、10日に米寿の誕生日を迎えた母も突然発熱し、肺炎一歩手前というような状態でしたし、我が家のわんこも歯周病がひどく、手術適応だったりと(まだ迷っていますが)いろんなことがあってなかなか「元気一杯」というわけにはいかないですが、なんとか私は踏ん張っております。

今月10日の母の誕生日がちょうど初辰の日でしたので、しかも我が家から住吉大社の方角にあたる南東方向は吉方位だったのもあって、思い切って行ってきました。

あちこちでお参りをするところがあるので、さすがに住吉さんは広いですが、有名な太鼓橋を渡って(これ、結構急で怖かったですが)「初辰まいり」というのぼりがたくさん出ているところに行くと、

hattatu2.JPG

このような招き猫をいただけます。(500円です)
これは毎月あるそうで、一年間12か月すべて行くと大きな猫がいただけるということらしいのですが、住吉さんの方角が良い月に行かないとあまり意味はないかなあと思ったりします。

今月は右手を曲げている方でしたが、来月は左手を曲げている招き猫だそうです。
ただ、来月は本命殺という、六大凶殺のひとつにあたるし、4月は五黄殺という最悪の方位だし、5月もいまいちで、6月は暗剣殺という最も嫌な方位だし、7月まで行けそうにありませんが・・・。

もちろん、どうしても南東に行かなければならないときもあるので、そういう場合は「方違え」という、先に別の方角に一時間以上滞在してから行くと、家から直接南東に行くことにならないというようなことをしながら行くといいのです。
来月だったらちょっと東の方に立ち寄って何か用事をしたあとに住吉さんに行けば南に行くことになるので
・・・というようなことです。

気学を勉強してからやはり方角は侮れないなと痛感します。
もちろん占星学でも方位は見れますが、六大凶殺というようなことはわからないので、引っ越しや長期移転などの場合にはやはり気学できちんと観なければならないなと思っています。

「はったつさん」は子授けにも良いそうですが私はもはや関係ないので、「商売繁盛」ただそれのみです。
神社に行くとやはり空気がきれいですから、気持ちが洗われます。

来月は北東が吉方位にあたるので、京都に行こうかなと思っていますが・・・。

とにもかくにも健康でなかったら何もできませんので、家族全員が健康でいられるようにお願いするのみです。
年をとるにつれ、なんというか「ゲン担ぎ」のようなことをするようになるもんだなぁと思います。

太陽と月が隣同士の星座の人 [有名人]

「エイリアンサイン」というとどうしても、わかりにくいタイプということもあって、150度というインコンのアスペクトを持っている場合が多いのですが、実は隣同士の星座もこの「エイリアンサイン」になります。

結婚などにはとても良い働きをするこの、隣同士の星座は30度というセミセクステルで、第三種のソフトアスペクトにはなりますから、葛藤とかは生じないのですが、自分自身のライツ(太陽と月)でこれを持っている場合、二面性があるため、それが割と魅力になって出てくることが多いです。

いろいろお騒がせしている清水富美加さんですが、射手座・月蠍座でこの隣同士の星座の30度エイリアンの持ち主でした。
確かに二面性はありそうだし、ちょっと面白い子だなとは思っていたんですが、まあ、一般的には理解しがたい何かを持っているんでしょうね。

隣同士の星座の組み合わせだけでもやはり12通りできますし、例えば同じ射手座・蠍座の組み合わせでも
「太陽射手座・月蠍座」の人もいるし「太陽蠍座・月射手座」の人もいますので、合計24通りできます。

私の周りにも実はものすごくこの組み合わせの人が多いのです。
我が家族はなんと、私と母を除けば主人(太陽獅子座・月蟹座)、長女(太陽蟹座・月双子座)、次女(太陽蠍座・月射手座)はみんな30度エイリアンです。
今更ながら気づいたのですが、私のように太陽と月がトラインになっているようなワンパターンな人間にとってはいささかわかりづらい傾向を確かにもっています。
特に感情面での出方が私とはまるで違うため、
「なぜそんなことにこだわるのか」
「なぜそこで怒るのか」
ということがわからないのです。

すべての30度について違いを考えてみましたが、清水富美加さんのような「射手・蠍」パターンを例にとると
射手座は精神性つまりスピリチュアルな方向性を担う星であるのに対し、
蠍座は肉体面つまりフィジカルな方向性を担う星で全く反対ですが、この両方を大事にするのがこの組み合わせかなと思います。

清水さんは宗教というまさに射手座らしいスピリチュアルなものを信じていますが、同時に芸能活動をしていて、人間味あふれるちょっと危なっかしいような役柄が多かったですし、体当たり的な演技をしていたかと思いますのでやはり両面持っていたと思います。
そのバランスが取れているときは魅力的ですが、何らかの原因でバランスをひとたび失ってしまうともともとが相反する性質なだけに、どちらかに片寄った場合、自分自身のもう一つの側面を切り捨てるという必要性に見舞われるのではないかと思います。

例えばスクエアになっている場合は、葛藤はあるものの、三区分は同じなので行動パターンは同じところに基盤があります(活動宮なら積極性とか)。
オポジションの場合は反発しても三区分が違うからでほかは調和しているので自分でも方向転換は可能です。
インコンになってくるともはや全く理解しようとは思っていないため、違う部分を持った自分と対峙せざるを得ないでしょう。ある意味開き直るしかないと言う感じです。
ところが、30度の場合は、なまじソフトアスペクトなので、やはりバランスを取ろうと努力すると思います。
だからもう、訳が分からなくなった場合、今回の清水さんのように周囲からすると
「経つ鳥跡を濁す」状況になってしまうのです。

昨年の今頃お騒がせだったベッキーさんも太陽魚座・月牡羊座の30度エイリアンです。
魚座は柳のようにたおやかだけれど決して折れないしたたかさを実は持っていますが、牡羊座は大木のように強いけれど強風で一気に根こそぎ倒されて再起不能になってしまうという弱さも実は持っています。
この両面を持っているベッキーさんにとって、去年は確かにバランスを崩したがゆえのあの、彼女らしからぬ会見や言動があったと思われます。

ちなみに、バランスをうまく取っている例としては渡辺直美さんがいます。彼女もまた天秤座・月蠍座のエイリアンですが、普段のそれこそ体を張った芸は蠍座の人間臭さそのものだと思いますが、彼女のスの部分は人の目を気にするところがあったり、バラエティでも必要以上のことは意見しないところは天秤座の品性だと思います。そこがうまくあいまって今の人気と地位を確立しているように思う良い例です。

この、30度エイリアンについても20日の講座で述べようと思います。

ソフトアスペクトというのは、やはりそのバランスが崩れた時のもろさを孕んでいると思う次第です。
トラインやセクスタイルは自己矛盾は抱えませんが、バランスを崩してしまうと弱気な発言が多くなります。
本人はただの愚痴を言ってるだけなんですが、周囲にはうざく映るだけなので気をつけなければなりません。

これはまさしく自分への警告ですが・・・。

太陽と月が30度のエイリアンさんは中々魅力的な人が多いなぁと思います。

占星学やタロットについてもっと知りたい方、占い鑑定や鑑定レッスンをご希望の方はセレーネ・沙湖のホームページへどうぞ

★セレーネ・沙湖の占星カウンセリング
http://sacorin.com/


月の星座分析の大まかなポイント [占星学]

月の星座というのは無意識にやっぱり普段出ているなぁと、いろんな人を見ていて感じます。

対の星座のそれぞれの特徴のようなものはHPの「占星学の玉手箱」に割と詳しく書いていますのでご覧くださいね。

月は年齢域でも就学、つまりお母さんを必要とする時期を示すものですし、「月の出生前天体」なるものでその人の潜在的願望や生きがいを示したりもします。
私の場合ですと月の出生前天体は乙女座にある冥王星なので、自分自身、冥王星的なある種のしつこさのようなものがもっとあったら根性が据わっていただろうと思いますし、何でも割とすぐにあきらめてしまったり逃げる傾向は否めないので、これは注目すべきポイントだと思います。

あとはやはり月のある星座のナチュラルハウス的な意味合いを持っているということです。

月が火の星座のナチュラルハウスにある場合(1.5.9ハウス)・・・私も9ハウスですのでここに当たりますが、概ね、自分の意思で物事を決めないとフラストレーションを感じやすいと思います。人に言われて何かをするというのは表向きできても、どこか納得できないため、葛藤を生じます。

月が地の星座のナチュラルハウスにある場合(2.6.10ハウス)・・・現実的な意味合いを持つハウスですので、月の星座自体が地の星座以外であっても、実直なイメージを持ちます。ですから火や風星座の月がこのハウスにある場合は案外行動的な面が抑えられ、慎重になる場合があります。

月が風の星座のナチュラルハウスにある場合(3.7.11ハウス)・・・月がもともと地や水の星座であっても、このハウスにあると割と社交性があり、人懐こさがあります。初対面でも割と話しやすい印象を持たれますし、実際に人と関わる仕事に就く方がいい場合が多いでしょう。

月が水の星座のナチュラルハウスにある場合(4.8.12ハウス)・・・受動的なタイプが多いので、もともとの月が火の星座のように活発な星座にあっても、感受性が豊かだったりしますし、一人の時間を大切にしたいと思う人が多いでしょう。案外疲れやすくパワフルではありません。

例えば私のように月が乙女座であっても、入っているハウスによってかなり性質が異なります。
これまた12通り出てくるわけですから、実に深いですね。
こういう研究をするのが大好きですが、月の場合、出生時間がわからないとどうしても入っているハウスを限定できないということがあるため、こういった細かい分析ができないということは否めません。

もちろん、月の乙女座は概してよく働くしどちらかというとナンバーツー的なポジションが好きだったり、あと、健康オタクだったり、口うるさいなど特徴はあります。
ただ、私だと9ハウスにあるため、射手座的要素の月になりますから、乙女座の神経質な面はあまり出ません。
私自身の人生で思うことですが、どうも、重要な局面では自分が意思決定をしなければ家族は誰も動かない傾向があります。本当は乙女座の月はそれほど決断力に優れていないのに、射手座の場所にあるので結果的には決定権を急かされ、委ねられるという矛盾が生じやすいです。
我が家は全員火の星座のナチュラルハウスに月があるのに、一番弱い月の私がなぜ・・・?といつも思うんですよね。(主人の月は蟹座でファイナルディスポジターだし、母の月は水瓶座で1ハウスなのに)

私はディスポジターでも「ループ」という堂々巡りになるので、意思決定は本当に弱く、苦手なのに・・・。

まあ、苦手なことをやらされるというのがカルマなんでしょうけど、自分で決定してあとで後悔することばかりだったりしますから、厄介です。
いずれにしても柔軟宮の月が柔軟宮のナチュラルハウスにあるから、余計「決断」には葛藤があるのでしょう。自分自身で一番嫌になるのがいつもこれです。
月と同時にアセンダントもやはり普段の行動に出るので、この二つは矛盾点がない方がすんなりいきます。

さらには、
アングルに月がある場合・・・自分で行動しないと納得いかない場合が多く、理屈だけではダメだと思うでしょう。活動宮のナチュラルハウスなので、まずは動くという性質があります。

サクシデントに月がある場合・・・不動宮のナチュラルハウスなので、納得しなければ動けないでしょう。元が柔軟宮の月であっても意外と頑固になってしまうのはそのせいかも。

キャデントに月がある場合・・・柔軟宮のナチュラルハウスなので、いろんな意見を総合してからでないと動けないし、動いたあとでも気が変わりやすいため迷いが生じる。

もちろん、月のアスペクトも観て行く必要があるため、一概には言えませんが・・・。

ネイタルチャートと、フラットチャートによるナチュラルハウスの検証はぜひともやってみてほしいことです。

占星学やタロットについてもっと知りたい方、占い鑑定や鑑定レッスンをご希望の方はセレーネ・沙湖のホームページへどうぞ

★セレーネ・沙湖の占星カウンセリング
http://sacorin.com/


前の10件 | -
メッセージを送る