So-net無料ブログ作成
検索選択

タロットの有効期間 [占い]

というのは、大概さほど長期間ではありませんが、これまた個人差があります。
物事の変化のサイクルの早い人は、「近未来」と言ってもその日の数時間後だったりする場合もありますし、遅い人では一カ月後ぐらいの人もいます。

ただ、最終予想はまあ、遅くても3ヶ月ないし半年以内には起こりうる出来事を示すと思います。

それでも、この、「未来」と言うのが曲者で、人は1年後ぐらいを知りたい事が多いので、占星学ではそれは容易に観れますが、より具体的にというとタロットが登場します。でも、1年後というのは、正直、それまでの期間に人は同じことをしないし、その人だけでなくその人を取り巻く周囲の状況等も変化するので、そうなってくると周囲の人の運勢もすべて観ていかなければならなくなってもはや収拾がつきません。
双子の運勢などが大きく違う場合などがあるように、出逢う周囲の人間関係が双子であっても全く違うから、運勢が変わるのです。

ですから、「近未来」と言うのは比較的現在の状況の結果のような感じになるため、大事ですが、
ケルト十字法で言うところの、右側の4枚のカードは、その人の努力によって変えられる運命です。
もし、何もしなかったらこうなるよということをカードが言っているのであって、もし、悪いカードが出ていても、
努力すれば変えられるわけです。
もちろん、最終予想は大切なので、そこが悪いカードだったら、注意しなければならないのは当然なのですが、
そこが良いカードだったとしても、「ラッキー」と単にぬかよろこびして何の努力もしなかったら、そのカードは単なるカードで終わります。運気は確かにいいけれど、だからと言って棚ぼた式に幸運が降って湧いてくるなどということは絶対にありません。

占いというのはとかく最後に良いカードが出るともちろん嬉しいですが、努力を怠る人間に対する警告の意味もあると思ってほしいのです。逆に悪いカードが出ても、その人に努力するという宿題を与えてくれているのだと思えば怖くないのです。
占星学で言うところの、木星がある星座や調和座になっている星座の人は、ついつい「いいことがあるんだ」と安穏と過ごしてしまうから、「なあんだ」という結果になる場合があるし、土星に阻まれた星座の人はそれを「嫌だなぁ」と思って単に暗く落ち込むか、「だったら努力する」とはねかえすかで結果は変わるのです。

タロットは一番のニーズがやはり「相手の気持ち」を知りたいからなのですが、これも、占いの依頼者が「いいカードが出ますように」などと思いながらコントロールしようとすると、結果に邪念が入るため、正しく出ません。
「無の気持ちで」とよく言うのですが、なかなか難しいので、あえて関係のない話をしながら、カードを繰る事が多いのです。
あと、自分がどうしたいのかということが明確になっていない場合、単に相手の気持ちばかりを知りたがる人もいますが、こういうケースでも正しくカードは導いてくれません。

単に「何を占おうかしら~」などと言う気持ちでは、カードは反応しませんし、小アルカナばかりの焦点ぼけみたいなカードの羅列になりますから、せっかくの占いなのに、時間もお金も無駄になります。

あと、前回はいいカードが出ていても同じことをまた後日占ったら、全く違うカードになる場合があります。
これは、いいカードは確かに出ていたのですが、やはり状況の変化や、手段を間違えた結果変わるということは大いにあり得ます。

最近、単に恋愛だけではなく、事業運などを占う事が多いため、結構ハードですしこういうケースは関わる人間の数が多方面にまたがるためか、ものすごく変化します。
依頼者の求めているテーマをきちんとこちらが踏まえておかないと、混乱を招いてしまうなぁと少し感じる事もあり、カードに質問する場合、やはり質問者の気持ちは確かに反映されても、たとえば
「彼氏ができるか」とか「いい人と巡り合えるか」などという、非常に「当てモノ」のような感じに近い質問は、
質問者がそのことに対していかに対処するかでかなり変わってくるものだと感じます。

「どうすればいいか」と言うことに対しても、単にカードにそれを委ねても何も出ません。依頼者がこうしたいというある程度のビジョンがあり、それに対してどうすればいいかということにやっと答えをくれるのです。

要するに、依頼者のほうも、ある程度の明確なビジョンがあるほど、結果は明確に出るのがタロットなんだと思います。

たかが占い、されど占いなんだと思うことが最近多いです。
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 2

ミルラ

私も、同じように感じることが多いです。

質問を明確に、というのがなかなか難しかったりするケースがあって困ることもありますが、質問が明確でなおかつ本人がこうしたいとハッキリしたものがあるのにも関わらず、結果はその思いに反して、、ということも多く、対策も待っても今はどうにもこうにも、、かと言って、行動すれば裏目に、、とか。

そういう場合、お伝えするこちらも辛いものがありますねー。
どうしても困ったとき、こっそり、違うカードを自分のために切って、これはハッキリ言ってもよいのか、それとも今はやんわりと言って保留にするか、と聞いてみたりすることもあります(笑)

相談する側も簡単にあきらめられないから悩んでいるわけで、表面的にあきらめても本人の心の奥底には執着が残る。
伝え方はいくらでも配慮出来ても、その結果を捻じ曲げてしまう事は、、やっぱり出来ません。

でも、タロットはこのどうにもならないのが、1年先も2年先もの結果でないため、そこが救いですね。今は厳しけれど、遠い未来の可能性がないわけではない、ということは言えますから。

占星術では、土星の試練の期間がありますから、3か月やそこらでは終わらないし、、、、、、でも、土星は偉大なる教師。
他の時期に頑張ったり嫌な事が起きたら、それは「教訓」になって、土星期の試練に努力した分は「成長」につながる、と思います。

牡牛のコツコツ型で「確実」を求める私には、土星はたとえ遅くなっても約束を守ってくれて、陰の頑張りもちゃんと見て評価してくれる厳しい上司かなあ。

いつも大目に見てくれて、失敗も無かったことに、遅刻も見なかったことにしてもらえたら、正直ラクチンでラッキーなんだけど、そのツケは必ず自分にやってくるのと同じだわー、と考えてしまいます。

by ミルラ (2011-06-09 01:19) 

selene

ミルラさん、いつもありがとうございます。確かにお客さんによっては、やはり伝えるのが上手な人とそうでない人もいますから、こちらの受け取り方がお客さんの意図と微妙にずれてしまうと、そのずれた感覚のまま占うことになりますのでこちらがきちんと受け取る能力が必要ですね。カードに入れるイメージと言うのが随分変わってしまいます。「自分のためにカードを引いてみる」というのはなかなかいいアイデアですね。私は対面鑑定が多いので、なかなかそれがしづらいのですが。土星は先生ですよね。厳しいけれど、私も守護星なので全然怖くないのです。むしろ私自身、木星が安易な角度を取る時期のほうが気を引き締めていかないと、油断してしまう面もありますから、今、土星がちょっとしんどい角度で、木星が楽になったからと言ってラッキーだと手抜きしてると怖いなぁと思っています。
by selene (2011-06-10 11:03) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る