So-net無料ブログ作成
検索選択

奥が深い! [占い]

といえば、占星学は本当にそうなのですが、タロットカードも実はものすごく奥が深く、私などまだまだこちらは
もともと感性豊かな人間でもないので、イメージが貧困な部分も多かったりして勉強中だったりします。

で、自分でちょっと煮詰まった時によく1枚引くカードが、
「和尚禅タロット」という、ここにも一度書いたかなと思うのですが、禅の教えから来るタロットなのです。
通常のタロットのようにもちろん78枚ありますが、そのほかに「マスターカード」としてトランプで言うところのジョーカーみたいなイメージトモ少し違うのですが、いわゆる和尚自身を意味するカードがあります。
これはもう、「誰かのマスターではなく、自分自身のマスターである」というカードなのです。

心理学的な意味を持つ「PSY CARD」でも、「インクワイアラー」という、「答えは自分自身の中にある」という
特別なカードがあります。

占い師占いに左右されてはいけないとよく言われますが、まさにそういった意味合いを持つカードだと思います。自分自身をコントロールできない人間に、人を占うなどできないということでしょうね。

で、和尚の1枚引きですが、解説書を読むと結構ズシン!とくることが書いてあるのです。

大アルカナももちろん普通のタロットの大アルカナに対応していないわけではないのですが、たとえば「隠者」に当たるカードは、和尚では「アロンネス」(独りあること)というタイトルのカードで、老人が一人歩くうしろすがたが描かれています。隠者そのものの意味には確かに孤高なイメージはありますが、どちらかというと「智恵」のようなカードです。でも、この和尚の「隠者」は一人でいるときに寂しいと感じるのは、誰かがいないからで、これはネガティヴな考え方です。でも、一人でいるということは「独りあること」という自己の存在だと捉えるのがポジティヴな考え方なのだと言うことを説いています。
確かに私は孤独にあまり強くないのですが、自分という存在があるにもかかわらず常に他者を求めているのだろうなと思います。
このように、結構タイムリーに気づきを促してくれます。

小アルカナも、一般のタロットの「ワンド」は「火」で、エネルギーや直感を示すのは占星学と同じです。行動を示しています。
「水」はそのままタロットの「カップ」で感情を示すのも占星学と同じです。
タロットの「ソード」は和尚では「雲」のスートになっていて、光を妨げるものとして捉えられていますが、やがては去るものとしても捉えられます。これは、マインドを示します。
タロットの「金貨」に当たるものは和尚では「虹」のスートで、単なる物質の意味だけにとどまらず、虹が地と空、つまり物質とスピリット(雲のスート)に橋をかけるように、形あるものとしての体を示します。

小アルカナで私がよくドキッとするのが「雲の5」にあたる「比較」というタイトルのカードです。タロットの「ソードの5」とは少し意味が異なるのですが、この「比較」のカードは、オークと竹がただ描かれています。
要するに、オークにはオークのよさがあり、竹には竹のよさがあるのだから、比べる必要などないのだと言うことを言っています。一般のタロットの「ソードの5」は争いとか不和の意味ですが、これも、私利私欲に基づいてしまうから、人は争ったり不満を感じるのであって、誰かと比べて自分はこれが足りないとか、そう思うから腹が立ったりするという意味で解釈すれば結構深いのです。

このように、タロットは本当に意味が深いです。
1枚引きで私が煮詰まるとよく引くのがこの2枚です。

自分は自分なんだという覚悟がどうも足りないようです。

手段として必要なカードが「星」にあたる「沈黙」なるカード。独りある事を楽しめばいいということで、さきほどの「独りあること」とシンクロしているから不思議です。

独り占いはあまりしないのですが、一種の瞑想の意味で時々やってみると結構ハッとすることが多いです。
nice!(2)  コメント(8)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 8

マイン

タロットって、後になってカードの意味が理解できたりしますよね。
つくづく奥が深いなと感じます^^☆
by マイン (2011-07-22 20:25) 

selene

マインさん、こんばんは。そうなんですよね。あとになった「あのときのタワーはこういうことだったのか!」とか思うことがよくありますね。カードそのものは絶対にちゃんと予測して出ていると思うのですが、読み方の問題が大きいでしょうね。
まだまだ勉強不足を痛感する事が多いですよ。
by selene (2011-07-22 23:14) 

きみちゃん

>自分自身をコントロールできない人間に、人を占うなどできない

こちらにお邪魔してから、seleneさんはコントロールの利いた方という印象を持っていました。ハイヤーセルフっていうものがあるとすれば、キレイな気持ちで、常にそこから離れないように意識を保っているような…。勝手なイメージを書いてごめんなさい(笑)。でも良い人なんでしょうね。お会いしてみたいです。テイル4室同士ですし…(^^) 
「和尚禅タロット」すごく興味深いですね。探してみます。
by きみちゃん (2011-07-23 00:15) 

なごみ

禅タロットは私も持っていますが・・・奥が深くて、解説書を読んでも何でしょう・・・難しい感じがします。元のウエイト版をマスターしていないせいもあるかもしれません。もっぱらウエイト版と魔女の家の教科書片手に一枚引きです。こんなんでも大丈夫でしょうか。ただ、私は、タロットに向き合うと、そちらに依存してしまう傾向にあるので、なるべく自分で考えるように心がけタロットは、本当に必要な時だけと言い聞かせています。
by なごみ (2011-07-23 07:57) 

きゅきゅ

「ひとりであること」と「比較」か~・・・

私はひとりは平気だし、人は人、自分は自分と思う派なんで、
多分、そのカードは出ないでしょうね~。

和尚はホントに面白いですよね。
ただ読み取るには、感覚ではなく、
人生の修行の中で自分が経験し、
得た答えみたいなものがいるのかもしれませんね。

私は超感覚の人なんで、
和尚は好きだけど、読めないかも。

sakoさん、和尚もマスターしてくださいよ~。
期待してますね~(^_^)
by きゅきゅ (2011-07-23 13:40) 

selene

きみちゃんさん、いつもありがとうございます。なんとなく独特の捉え方をしてくださるし、アーチスティックな感性をお持ちの方なので、どんな方なんだろう?と私もいつも思っています。4宮テイルなんですね…そんなところに共感して下さること自体がものすごく深いですね。そうなのです。私は決していい人ではありませんが、悪い人にもなれませんね。(苦笑)家庭にカルマがあるせいか、どうしてもネガティヴな自分が嫌で、かと言って無理やりポジティヴになるのはもっといやなので、常にハイヤーセルフを高めるように「努力」はしていますね。いい加減な気持ちでお客様に向き合いたくはないので。ただ、人間なので、やはりテンションの低い時もあれば、ひがみっぽくなってしまっている時もあり、そういう時こそコントロールをしっかりしようと心がけていますので、鑑定の時は確かに自分を高めています。ただ、一旦離れるとホントにワガママでただの子供っぽい人間なんで、このギャップが自分でもしんどいですね・・・。
きみちゃんさんはどちらにお住まいですか?近畿圏ならお会いしたいですね。
by selene (2011-07-24 00:19) 

selene

なごみさん、もちろん、タロットとの対話は、自分自身を高めるためにしていることなので、占いをするというのとは少し違うかな?
もし占ったとしてもその結果に自分自身が左右されることはありません。ただ、意味があってそのカードが出ていると思うので、気になるカードや何度も出るカードがあればその意味を考えることはありますし、和尚の場合、やはり意味が深いので、考えさせられるのです。私もプロとしてまだまだ勉強不足なことがたくさんありますから・・・。
by selene (2011-07-24 00:22) 

selene

きゅきゅさんは絶対に私の意味するカードは出ないよね。
私はその他にも「力」のカードとしての花が水も土もない岩場に一輪咲いている絵の描かれたカードもよく出します。要するに孤独に強くあれというような感じのカードばかりですね。(苦笑)
こういう仕事をしている人間の宿命かもしれません。
和尚はイメージでは確かに捉えられないカードなので、なぜそのカードがその人に出るのかということをしっかり伝えられるようになるにはまず、禅の知識を得ないといけないので、私はまだまだ・・・。
このカード、絵がものすごくきれいなのと、なんか嫌な感じのとに分かれているんですよ。
by selene (2011-07-24 00:25) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る