So-net無料ブログ作成

ソフトアスペクトによる自己防衛 [占星学]

私は子育てカウンセリングをよくやりますが、自分自身が子育てに対して大いなる失敗を経ているので、もっと自分の子供の星をきちんと把握した上で、感情的にならずに接することができれば・・・という後悔の念からも力を入れているわけです。
私自身、努力家のように人からは良く観られますが、たぶん地のグランドトリンがあるからなのだろうと思います。地の星座は「安定」を意味しますので、「基礎的なこと」は習得する力をもともと持って……

★この記事はセレーネ・沙湖のホームページ内「占星学の玉手箱」に移動しました

» 続きはこちらからお読みください


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 4

うに

sakoさんこんばんわ^ ^

自分の身に置いて読むでしまって
母に対してそぅだったな…って思いました。
星だけのトリンはないのですが、パートオブフォーチューン(だったでしょうか?^_^;)を含む水のトリンがありますが、弟が二人いて、母の愛情を確かめためわざと拗ねたり、素直じゃなかったり母にとっては思い通りにならない面倒くさい子どもだったと思います
月のハードばかりなのでそんな思いは
スムーズに伝わることもなくでした^^;
by うに (2013-05-16 00:32) 

きゅきゅ

子育てってたいへんですね~。
私はいなくて良かったと最近ホントに思います。

ちなみに私は苦手なものも取りあえず当たって砕けます。
新しいモノは一応試してみます。
なので食わず嫌いはありません。食べて嫌いはありますが・・・

子供の頃も今も、疲れたり面倒くさいと黙ります。
やはり火の影響ですかね?
小さい時から年子の弟が二人いて、
ほとんどかまわれる事がなかったので、よかったのかも?


by きゅきゅ (2013-05-16 13:45) 

selene

うにさん、やはりソフトアスペクトは、屈折の仕方や反発の仕方も比較的素直なのでわかりやすいのです。でも、ハードアスペクトがあるとやはりスムースに伝わりにくい形でしか表せなかったりするので本人の葛藤が大きくなるんでしょうね。
水のトリンは特に親や大事な人に対して「一番好き」であると確認されたがる傾向があるのですが、すねると屁理屈になりますね。
by selene (2013-05-20 00:06) 

selene

きゅきゅさんは牡羊座だし、火が多いから、基本的に新しいことや苦手な事に対しても怖いというよりまずは行動するという感じだよね。そういえばきゅきゅさんが「怖い」って言ってるのをあまり聞いたことがないような気がします。そうそう、私に「食わず嫌いを治せ」と言ってきた人も牡羊座だよ。「普通は一度ぐらい食べてみるもんだ」と言われ、頑固だと言われてしまいました。(笑)
見た目がグロテスクだと私にとって思えるものは食べたくないのです。
火の星座の人は面倒になると黙るでしょうね。それも一種の反発だと思います。
by selene (2013-05-20 00:09) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る