So-net無料ブログ作成
検索選択

方位について [占い]

占星学でももちろん方位を観る基本はあるし、使っているのですが、どうも、方角に関することは、やはり九星気学の方がいろんな意味で有効かなと思います。

占星学を長く勉強して下さっている生徒さんに、四柱推命と気学の大御所の先生がいらっしゃいます。
その方は70代ですが、見た目も精神面もとっても豊かで若々しい方で、本当に向学心のある方なので頭が下がるのですが、その方に私が占星学をお教えする代わりに、去年から私が気学の基本を教えていただいています。

気学もなかなか奥が深いので、学び好きの私には、基本だけでなくいろいろ知りたい欲が出てきて、今も勉強中です。お互いに、どんどん知りたい、というところが似ているため、何年経っても勉強なのです。
その方は天秤座ですが月が山羊座なので非常にご縁を感じます。

で、今日はいわゆる「えべっさん」の宵宮でしたが、明日と明後日は行けそうにないので今日、福笹を買いに行ってきました。
毎年近くの神社(娘が福娘として大学生の時にお世話になった神社)に行くのですが、
なんと気学で観ると今日も明日も明後日も、3日連続、えべっさんの日はすべてその神社の方角は私の「六大凶殺」という悪い方角のいずれかにあたっていて、行けませんでした。

なので、西の方の神社を探して尼崎えびすに行ってきました。(厳密には南西になりますのでそれほど良い方角でもないんですが)

こういった感じで、やはり方位というのはとても大事です。

引っ越しや受験生を持つお母さんから、方角に関する質問をかなり去年はされたので、気学がとても役に立ったのです。

実際、六大凶殺にあたる方角に行ってしまったがために去年の11月後半は私の体調はボロボロでしたから、これはまずい!と思うわけです。
しかも、私の気学でいうところの六白金星は今年は良くない運気なのもあって、えべっさんにぜひ行かねば!とそれほど信心深くもないんですが、今年はちょっと力を入れました。

気学の先生も鑑定に少しずつ占星学を採りいれていらっしゃるようですし、私も随時気学を採りいれています。
私の場合、占星学はほぼ性格判断は的中すると思いますが、いわゆる運勢的なものは、やはり気学などの東洋系の占いは侮れないなという思いがあります。

恋愛などにおける相手の気持ちを観るのはタロットカードが適していますし、やはり内容によって使い分けることも大事だろうなと思うので、占星学は主流ではありますが、臨機応変にやっています。

占星学やタロットについてもっと知りたい方、占い鑑定や鑑定レッスンをご希望の方はセレーネ・沙湖のホームページへどうぞ

★セレーネ・沙湖の占星カウンセリング
http://sacorin.com/

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

さくらもち

こんにちは。
私も昨日、主人と今宮のえべっさんに行ってきました。
宵宮なのにすごい人でした。やはり祝日だったからでしょうか。
笹は貰わずにお祈りをしてから、福飴を買うのが目当てなんですが。

気学では、今宮えびすの方角が元々悪い方角ではないかと思うくらい、毎年疲れてイライラしてしまいます。主人は活気があって好きなので、20年ほどかかさず行っているそうです。
by さくらもち (2017-01-10 11:22) 

selene

さくらもちさん、今年もよろしくね。いつも一緒に勉強しているH先生のことです。
あなたのところも確かうちと同じく、六白と八白のご夫婦でしたよね。
きのうは六白中宮の日だから実はそんなにいい日でもなかったんですがきのうしかなかったので・・・。
そちらから今宮戎がどの方角なのかちょっとわからないんだけど、真北ならいいですよ。
あの人ごみは私もダメです。ご主人のような温厚な人は活気があるというように捉えるんですね。得な性格ですね。
私も本当は昨日真西に行きたかったのですが(占星学でも木星方位)真西にはえびす神社がなかったんです。
レッスンのことでまたメールしますね。
by selene (2017-01-10 14:23) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る