So-net無料ブログ作成

女子力ってなんだろう? [ひとりごと]

男子力とは決して言わないのに、やたら最近よく聞く言葉に「女子力」なるものがあります。

女子力ってそもそもいったいなんなのかなと思うのですが、果たしてちゃんと意味が分かっている人はどのぐらいいるのかなと思います。

私自身、なんとなく、料理が上手だとか掃除が得意だとか、一般的に言われている「良い主婦になれる」ような要素を磨くことが「女子力を高める」ことなのかなと思っていました。

ところがこの考え方はどうも男性の考える「女子力」のようで、本来の意味は、女性が自分自身を向上させるべく自分磨きをする力のことのようです。ですから仕事にまい進しているようなかっこいい女性もある意味「女子力が高い人」と言えるようです。

男性からすると、男性目線なので、男性が好む女子の力を持っている人が女子力高めの人になるのですが、女性からしたら別に料理がうまくても掃除が得意でも、その人自身が生き生きしていなかったら女子力は高いとは言えません。

私ぐらいの年齢層の人間が結婚適齢期だったころならきっと「女子力」は男性目線でいうところの「家事能力に優れていて、子供好きな女性」みたいな人が女子力高めと言われていたはずですが、今はよい母とかよい妻であることが特別女性としての長所には必ずしもならないようです。
むしろ、一人の人間としてどれだけ自分自身を磨いているのかによってその「女子力」は変わってくるように思います。

もちろん、仕事ができるだけで、立ち居振る舞いが品がなかったりしたらやはりアウトでしょう。
仕事も充実しているけれど、忙しくてもファッションや美意識に手を抜かず、適度に合理的に家事もこなせるという、総合的に「できる女性」というのがいわゆる「女子力の高い人」になるのだと思います。

家事=女性のすること、という意識がもはや希薄になっていて、やはり総合的に一人の女性としていかに魅力があるのかということが大事なのだと思いますし、こういった風潮はとてもいいと思います。

ただ、この「女子力」もですが、最近なんでもかんでも「~活」という言葉をつけたがる傾向があります。
あと、「○○すぎるなんとか」という表現も辟易するぐらい多いと思います。

本来の意味をわからずに何でもかんでもはやりの表現を使うという風潮も相変わらず廃らないのはなんとも困ったものです。

話がそれましたが、本来の意味でいうところの「女子力」の高い人って身近にいますか?

要するにTPOに応じて的確な振る舞いのできる人のことを言うんだろうなと思いますが、なかなか難しいことだなと思います。

若い人はもちろんですが、私たちみたいなおばさんになっても、もう、おばさんだし誰も見てないからいいやと思って下品極まりない振る舞いをしてしまうとやはりダメですね。

私が見習いたいなと思う女子力のひとつに、対面鑑定やレッスンに来られた時、鑑定料やレッスン料を封筒にきちんと入れて、しかも新札をちゃんと入れてくださる方がいますが、そういったふるまいは非常に好感度が高いなと思います。
もし、封筒がなかったときにも「裸ですみません」と一言添えてくださる方もいますし、こういったマナーを知っている人は尊敬すら覚えます。(私はいい年をしてなかなかそこまでできませんから)

私も、封筒になかなか入れることはできませんが、なるべくお札をきれいに向きをそろえてきちんと相手のほうにきれいに感謝の気持ちをこめて出すようには心がけています。

喫茶店などで水を出すウエイトレスさんでも、無造作に置かれるとちょっとげんなりしますが、アルバイトさんでも、完璧な接客のできる人がいます。お店で研修をしっかりやっているのだと思いますが、やはりそういう振る舞いをしていたら普段の生活でも役に立つと思うので、こういうものこそ女子力だろうと思います。

いくら外見が着飾っていてきれいでも、お店で食べ物を残したりするような人は減点になるでしょう。

男性は意外と女性の立ち居振る舞いを見ているものです。

いくつになってもこういった意味での「女子力」は磨かなければいけないなと思いました。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る