So-net無料ブログ作成

女性性の使い方 [占星学]

女性性を示す惑星は、占星学では月と金星が主なものになります。海王星も女性惑星ではありますが、世代の星なので、やはりここでは個人天体が大事だろうと思います。

毎日のように世間を賑わせ、どんな発言をするのか、周りが完全に翻弄されてしまうぐらいの「言葉の力」と「求心力」を持っている女性と言えば、小池百合子東京都知事だと思いますが、彼女は星で見ると蟹座・月牡牛座ですし、蟹座と牡牛座に5天体あるし、女らしいイメージのするホロスコープです。
じゃあ、なぜ、あんなにも「闘う女」なのかと思って詳しく見ていくと、彼女は女性性を示す牡牛座の月が火星とオポジションになっているので、女性性を闘うことに使っている人のようです。

ただし、金星も蟹座ですが月とは(出生時間が不明ですがたぶん顔立ちや服装などから牡牛座だと思います)スクエアになってしまいますから、独身を貫いているのかもしれません。

政治と結婚したような人なのでしょう。

そして、小池さんと戦略家としての力量が似ているなと、誰かも書いていましたが、私もそうだと思いました。
元SMAPの辣腕マネージャーだった飯島三智さんと似ていると思います。
この方も独身だという噂ですし、「闘う女」の印象が強いと思います。メディアに登場しないし、どんな人なのかまるで知りませんが、生年月日データがあったので調べてみました。
小池さんと共通点はほとんどないし、もちろん、方や政治家で方や芸能界のマネージャーなので、仕事の質がまるで異なるのですが、なんというか、ギャンブラー的な生き方を好む部分など、結構似ているとは思います。

そして、飯島さんもまた、月(蠍座)と火星のオポジションを持っていました。
これは、負けず嫌いで、自ら勝負を挑むというアスペクトです。

ただ、お二人の違いは、小池さんはこの月と火星のオポジションに対してキロンが調停を取るという形で政治家として成功しているのに対し、飯島さんは、月と火星に対してキロンはTスクエアになっています。
どちらもキロンが関係しているということがまた不思議で、闘うことでしか自分の負けん気は解消されないという感じなのでしょう。怒りが闘う原動力になっているのだと思います。

飯島さんもまた、太陽が魚座ですし、小池さん同様、本質は女性的で優しい人なのでしょう。
でも、闘いのスイッチが入ると、負けん気が彼女たちを奮起させるようです。

飯島さんは元SMAPの、ジャニーズをやめた3人を率いることになったそうですが、今後どのように戦略を練っているのか、腕の見せ所だとは思います。
ただ、キロンが女性性を示す星に対してハードアスペクトになるので、小池さんほどの求心力があるかどうかというところでしょう。

女性性を示す星はかわいらしく使う場合ももちろんあるのですが、このように、勝負に使うと案外女性だからこそのパワーを発揮するかもしれません。

ちなみに火星のハイオクターブである冥王星は、小池さんは木星とスクエアになるので、政治家には必要な野心家のアスペクトです。
一方の飯島さんは太陽と冥王星がオポジションですから、何かを成し遂げるためには手段を択ばない一面があるようです。

どちらも、味方につけるととても頼りになるけれど、敵に回すとものすごく怖い人だろうと思います。

一見女性的で優しい星でも、やはり火星というのは、個人天体との絡みだとハードアスペクトのほうが実際の場面では勇敢さを醸し出すので、たくましい女性を形成するようです。
nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る