So-net無料ブログ作成
検索選択

浮いている星 [占星学]

というのが、ホロスコープの中をくまなく見て行くとあるように思います。
ついつい見落としてしまうし、あまり意識しない星だったりもしますし、当然使えていないことになります。

ただ、それが意外な星(10惑星とドラゴンヘッド、キローンを加えます)だったりもします。
私自身はいつも書いているように、風の星がひとつもありませんが、ドラゴンヘッドとキローンは実は風なのです。
惑星だけに目が行ってしまいがちですのでどうしてもこれらの感受点を見落としてしまいます。

そこであえてこれらの風の感受点のアスペクトを観てみると、キローンは、火星・天王星・木星のTスクエアとあわせるとグランドクロスになります。そのことは知っていましたが、意外と使っていない気もしました。
私は「どんくさい」割に「イラチ」であるという矛盾した性格があります。
何事もテキパキとできる方では決してないのに、結果を焦ってしまうところがあります。
アセンダント射手座のせいかなとも思いましたが、2ハウスにあるキローンのせいか、要するに自信がないのでバタバタしてしまうようです。

特に経済的な問題にトラウマを抱えているようで、お金がないということがとても怖いのです。
でも、対極に天王星がありますのでもう、結婚してからの経済面の不安定さは免れません。

キローンはトラウマでもあると同時にそのハウスの問題に向き合って初めて自分自身の癒しになりますので、
私の場合は経済的自立というものに対しての覚悟ができていないというか、結婚しているのでどうしても配偶者の経済的なものをどこかであてにしてしまいますから、自分が頑張ればいいのだということがなかなか腑に落ちません。
2ハウスには金星がありますからどうしても元来贅沢癖があります。しかも金星は私のホロスコープでは最も良い惑星なのもあって、残念ながら恋愛には使っていませんが、「きれいなもの、甘いものが好き」ということには存分に使ってしまっています。
ところが同時にキローンがあるため、それが天王星と割とタイトなオポジションにもなるせいで経済的に自由なようでいてかなりの束縛を受けてしまいますから、ほしいものを我慢するということが人より辛く感じやすい傾向にあります。
ところが、天王星の悪い側面ばかりに目が行っていましたが、実は今の時期、トランジット天王星は牡羊座に居座っていますので、ネイタル天王星とはトラインだし、もともとアセンダントや水星ともトラインで、例のキローンとも60度です。つまりは、2-8ハウスのキローンと天王星のオポジションに対してトランジット天王星が調停しているのです。T天王星が4ハウスにあるのでどうしても家庭環境の暗い側面ばかりに目が行ってしまい、母や主人はどんどん年を取って体力も低下していく中、自分が頑張らないといけないということが負担になっていました。でも、逆に誰も家族は私が自由に動くことを止めているわけではないし、もっと自由に活動してもいいのかなという気がします。

意外と行動力はないので、(アセンダントで突発的に動くことはあるのですが続きません)常に受け身で行動をしていることが多いのですが、どうやら星は、自分で動けと言っているようです。

ということで、唐突に東京に行くという願望がどうしても心にありますので、何かしら理由をつけていましたが、行きたいと思ったら行動することも大事なのかなと思っています。

アセンダントで衝動的に動いたことが長続きしないのであまり良くないのだろうと思っていましたが、天王星やキローンをもっと味方につけて、「一発勝負」でもいいから何か突破口を開けばいいのかなと思いました。

このように、皆さんも自分のホロスコープで何かしら浮いている星や感受点があったら注目してみてください。
ノーアスペクトの天体なども非常に重要な意味を持ちます。

私の場合、キローンは2ハウスにありますが水瓶座で3ハウスのカスプで、その主星である天王星とキローンが絡むということ自体決して弱い影響力ではないので、自分で苦手だと思っているコミュニケーション力を打開する鍵になるかもしれないと思っています。

キャラ設定 [ひとりごと]

きのう「ホンマでっかTV」をまた見ていて(これだけはバラエティだけど結構楽しくて見てしまう)嵐の二宮君と相葉君が出ていましたが、二宮君がいきなり
「自分に興味がない」と言ったのを聞いたときのさんまさんの顔が…(笑)

でも、わかる気がします。
心理学の植木先生には「キャラ設定」とやたら言われていましたが、二宮君は芸能界というところにいるし、割と演技力を買われている「憑依型役者」に該当すると思います。
この手のタイプにはSMAPの草彅君も該当すると思うのですが、確か同番組に草彅君が以前でた時
「誰も愛せない」
と言ってたように思いますので、なんとなく根底が似ている気がします。

いろんな役を演じるのでいろんな人格が憑依します。そうこうしていると、本当の自分が何なのかわからなくなりますし、やはり演じるに当たりあまりにも自分が出てしまうと、演技がワンパターンになってしまうので、
ある意味「自分を薄くする」という、カウンセリングでも大事なことなのですが、自我を丸出しにはしないように
無意識にしていると思います。(カウンセリングは意識的にやりますが)

なので、自分に関心を持っていてはなかなか「憑依」はできないはずです。

二宮君は双子座・月乙女座ですから一見すると明るく活発な印象ではあるのですが、柔軟宮同士のライツはやはりどこか淡泊な印象はあります。物事に興味がないというよりはこだわりが少ないはずです。
草彅君は蟹座ですが月は魚座なのでやはりどこか飄々としています。

私自身もこの仕事を長くしていると、やはり意識的に本来強い自我を抑えて占い師という「キャラ設定」をしていると思いますので、本当の自分が分らなくなることが時々ありますし、以前ほど何かに「はまる」ということがなくなってしまったように感じます。
グジグジしてはいる性格ですが、決してしつこいのではなく、「どうでもいいや」という感じで諦めることも多い方なので、私も月が乙女座で柔軟宮ですからあまりエネルギーはありません。

でも、確かにこれ、怖いんですよね。
自分自身はもちろん大事ですので、健康面には気をつけたりはしますが、関心が自分自身にあるかというと、人にどう思われるかは気になりますが、それは自分に関心があるからというのではないのです。
愛情も同じだなと感じるのですが、誰かのことをもう、めちゃくちゃ好きでたまらない、というような窒息させるような愛情は私には持ち合わせていませんし、そこまで人にも「はまった」経験がありません。

女性の場合は母性の強い人は本当に四六時中お子さんの心配をしているし、お子さんが幸せなら自分なんかどうでもいいというような愛情を持った人が結構いますが、私にはそこまでの愛情は皆無なので、冷たいのかなぁと思ったことも何度もあります。でも、「母親」というキャラ設定をしている人も案外多いのかなという気がします。
私の場合は母親業はもうすでに終わっていますし、以前から仕事に関しての興味の方が強かったのもあって、仕事上のキャラ設定はしてきましたが、そこに母親というものは介在していなかったと思います。

子供に対して責任はあるけれど、いないとたまらなくさびしいとか、そういった感情はありません。
どこかで
「生まれるのも一人、死ぬのも一人」
という諦観があるからか、最近はもっぱら「一人」=「孤独」ではないということを自分に言い聞かせています。

二宮君は今、なにやら女子アナと噂になってはいますが、それ自体も彼は他人事のような感覚で「あ~、騒がれているみたいだな」という感じ方をしているように思います。
私は彼ほどの大物ではないので、彼ぐらい達観できれば逆に楽だろうなと思いました。

彼はきっとめちゃくちゃ好きな人もいない代わりに、大嫌いな人もいないと思います。
だからと言って冷淡なのではなく、常に自分も含めて人を客観視している自分がいるのかもしれません。

私の敬愛する小田和正さんも似たような感じを受けます。
乙女座・月射手座ですのでやはり柔軟宮のライツですから、どこかしら最近はコンサートでも、観客のことを
傍観している好々爺のような感じすら受けます。

誰かを深く愛せる人というのはそれだけ自分のことが好きだと思いますし、自分を愛せるから人を愛せるのでしょう。子供を溺愛する母親になれる人はきっと自分自身を愛せる人なんだと思います。

その意味では私は自分に関心はないなあ…と二宮君の飄々とした顔を見ながら感じていました。
ただ、私はそのことをややさびしく感じているけれど、二宮君は別段寂しいと思っていないというのと、若さがまず違うので、彼がやや老成した感じを受けるのはそのせいかもしれません。

誰しもある種の「キャラ設定」はしているのかもしれませんね。

もちつもたれつ [占星学]

と言う言葉は結構好きなのですが、今日は講座をしていて結構みなさん質問をしてくださったので、盛り上がって楽しかったです。
「フィフティフィフティ」というような言葉で言うとなんとなくちょっと打算的な印象になったりするし、「平等」とかいうとビジネスライクだし、そういう意味で「もちつもたれつ」と言う言葉はなんか柔らかくて好きです。

占星学でいうところの人間関係はすべてこの「もちつもたれつ」になっているように感じます。

「ポウラリティ」ということ自体がそうですし、アスペクトも、二つの惑星が角度を取るわけですので、それがたとえ凶角であったとしても二つの惑星同士はやはり「もちつもたれつ」なのです。

生徒さんとは最後の方はやや雑談になったのですが、それが案外面白かったりします。
自分の太陽の星座を1と数えると、前の星座は12番目になりますし、次の星座は2番目です。

自分の太陽星座から隣同士になっているこの30度の関係はそれぞれ相性で言えば弱い吉になりますが、実はエイリアンサインなのです。
エイリアンサインと言えば、6番目と8番目ももちろんそうですが、こちらは自分の太陽星座から150度になる関係なので、自分の星座とあわせるとYODが出来上がるため、明確に「自分とは異なる性格の人だ」と認識できます。
でも、30度の関係の場合、割と心地よいので、案外エイリアンサインであることに気付かない場合があります。
エイリアンサインと言うのは要するに2区分・3区分・4区分のすべてにおいて全く同じものがないというサインのことです。
私にとっては12番目が射手座であり、2番目が水瓶座です。
たまたま、射手座の生徒さんも水瓶座の生徒さんもいらっしゃるのでその話になったのですが、
自分にとっての12番目は「隠れた敵」などと言いますが、同時に癒しや許しを得る関係でもあり、前世ではもしかすると何か申し訳ないことをしたかもしれない相手で、だから、現世では自分のひとつ前の星座の人には割と甘くなりがちです。(過去世では厳しくしてきたかもしれません)さらにはこの相手は、自分と同情心を呼び込みやすい相手ですので、同じことで共感できたり、感動できる場合があります。
逆に番目のハウスは、自信とか所有のハウスですので、お互いに経済感覚が似ているというような感じがしますし、この相手に褒められると自分に自信が持てたりする反面、どこかちょっと怖かったりするので、一目置いてしまう相手でもあります。

12番目のハウスの人からすると自分は2番目にあたるので、相手が一目置いてどこか襟を正してしまうのですが、「おっかないけれど嫌われたくない」から頑張りたくなります。
こちらからするとその頑張りを認めて、「よしよし」としてあげたくなり、なんとなく放っておけない相手になるのです。

2番目のハウスの人からすれば自分のほうがどこか放っておけないと思われたり、助けてあげたいと思われます。そしてこちらはその人に対して頭が上がらないという傾向が出てきますが、その人を尊敬できる場合が多いのです。

私の場合だと、水瓶座の人に褒められたくて頑張るので、よしよしとしてもらえますし、射手座の人は私のために頑張るので私がよしよしとしてあげるという関係でやはりこれこそ「もちつもたれつ」なのです。

げんに、水瓶座はあまりやすやすとお世辞も言わないし、ほめたたえたりもしませんから、その相手に褒められることは、特に仕事面ではすごくうれしいのです。
母親が水瓶座で本当に欠点は言いますがほめてくれなかったので、たまにほめられるととてもうれしかったのを覚えています。

ですから、6番目と8番目のハウスに関してもやはり、エイリアンサインですが、実はもちつもたれつなのです。私にとっては双子座と獅子座がそれに当たりますが、一般的な相性ではさほど「良い」とは言われないですが、友人が多い星座でもあり、お互いに自分とは違う性質で考え方を持っているということ理解しやすいため、あまり反発はしないのです。人間というのは自分と似ていることで共感を抱きやすいので、逆にここまで違うと相手に自分と同じ考えや行動パターンを期待しなくてもいいため、かえって楽なのです。
私と主人もまさにこの相性で、私からすると主人は8番目なので深く関わるけれど経済感覚がまるで異なるし、あまりべったりだと息がつまる相手になります。でも、相手からしても6番目になってペットか年下の相手のように扱いますが、健康を害するということにもなりますので絶えず一緒にいない方がいいと言う意味で距離感をうまく取ることを学ぶための「もちつもたれつ」になるわけです。

この相性は8番目にあたる相手の方が年上であるほうがいいでしょう。なので6番目にあたる相手は年下か、立場が下であるほうがいいと思います。逆の場合はやや厄介かもです。
そういえばずっと昔ですが、双子座の先生に習い事をしていた時、相手の方が年下だったのですが立場は先生でしたから、私はやはり礼儀として敬語を崩さずにいたら「他人行儀に思えるのでやりにくい」と言われてしまったことがあります。
8番目の相手なら、たとえ年下であってもやはり敬意を示す方がいいですが、6番目の相手にはフランクに接した方がいいようです。

ですから、自分の太陽星座から観て相手が何番目にあたるかと言うことを知ると同時に、相手の太陽星座からしたら自分が何番目にあたるのかと言うことを観て行くことが大事だろうと思います。

これは、どうも、太陽星座に関してのみあてはまる気がします。

占星学やタロットについてもっと知りたい方、占い鑑定や鑑定レッスンをご希望の方はセレーネ・沙湖のホームページへどうぞ

★セレーネ・沙湖の占星カウンセリング
http://sacorin.com/

メッセージを送る