So-net無料ブログ作成
検索選択

グレーであること [占星学]

実に面白かったドラマ「カルテット」で言いたかったことはきっと、主題歌の歌詞にもあるように、「白黒つけない」「グレー」ということの中にめいめいが思いをはせればいいということだったと思うので、だから、このドラマは本当にこのドラマらしい終わり方をしたなと思いました。

どちらかというと社会的にいえばどこか逸脱しているし、どこか「いい加減さ」を持った4人の主人公がそれぞれ共同生活を送るうちに成長しているけれど、根底はそのままだし、みんなが互いに片思い?をしているのだけれど、どの恋も結果的には実らないし、でも4人は恋人でも友達でもない、関係性そのものがなんだかわからないけれど信頼し合っていることだけは確かだという、何も決めつけたりしない「グレー」に焦点が当たったドラマだと思います。

グレーな星と言えば海王星ですが、2011年の東日本大震災のあとはちょうど、トランジット海王星が水瓶座から魚座に変わるイングレスのときでした。そして海王星は魚座の守護星でもありますし、物事を決めつけずある意味「赦す」星です。

それから今もずっと海王星は魚座にあり、完全に魚座からか海王星が抜けるのは2026年1月27日です。
ですからまだ、かなりの間、魚座海王星時代のグレー、もしくはカオスな時代は続いていきます。

この無責任ともいえる曖昧さに漂うのが上手な人にとってはとても生きやすい時代かもしれませんが、白黒はっきりしていないとどうにも気持ちが悪い、と思う人もいます。
でも、世の中で今起きている出来事は、星そのものは今年は割とハッキリした星が多いのにもかかわらず、なんとなくグレーゾーンの出来事が多いようにも感じます。

今年の春分図を見てみると、海王星は5ハウスにあります。
マンデン図で5ハウスは娯楽やスポーツ、芸能などを示しますが、スポーツ界ではなんとも不思議な出来事が多い気がします。
通常なら考えられないような力が働いているというか、いわゆる「奇跡」ともいえることが多く起きています。

WBCでの日本の活躍・・・優勝こそ逃しましたが、実質優勝したアメリカは現役の大リーガーをそろえた超一流チームです。そのアメリカとほぼ互角に戦ったのは、決勝戦で戦ったプエルトリコよりむしろ日本だったと思います。今回、日本チームは正直決勝リーグに行くのは無理だろうと思われていたはずですが、素晴らしいチームワークが生まれ、感動的な予選リーグでした。

そして、記憶にも新しい、稀勢の里関の手負いの逆転優勝劇。これはもはやミラクル以外の何物でもないような力が働いたのではないでしょうか?ご本人のインタビューでも言ってましたね。

高校野球でも、引き分け再試合がなんと2回連続で起きるし、決勝戦は大阪同士だし、ちょっと不思議だなと言えるようなことが多く起きています。

5ハウス海王星はソフトアスペクトしかなく、スポーツに癒された人も多いのではないでしょうか?
そして5ハウスのカスプ主星は天王星で7ハウス。対人関係におけるハプニングを示しています。7ハウスには天王星と火星がありますので、諸外国はいろんなことになっていますからまあ、そのあたりはグレーどころかハッキリしていますが、それだけに余計に海王星5ハウスにおけるソフトアスペクトの優しさに救われている気がします。

アセンダントに木星が乗っていますので国民の意識はポジティヴだし、その木星が天王星とオポジションになっていますし、MCと冥王星とでほぼグランドクロスを形成していますので、確かにインパクトそのものは強いし、自由を求めすぎるといけないというような警告のようにも感じますが、木星と天王星のオポジションは、3ハウスにある月と土星の合で調停になっています。

「言った、言わない」の論議が最近多く、「忖度」なる言葉の使い方の問題も出ていますが、この一連の「森友学園問題」に象徴されるのが3ハウスつまり教育問題に関する不動産トラブルという感じですし、3ハウスカスプ主星がアセンダント上の木星で、その木星と天王星のオポジションに対するこの3ハウスの調停は、物事を曖昧にしてしまおうとする風潮が国民にもあるけれど、はっきりさせるべきことはやはりシビアに追及しなければならないといわれているようにも思います。

春分図の太陽は6ハウスですし、金星や水星もありますから、これらは労働問題などに関してはやや良い暗示のようですが、6ハウスは7ハウスから数えて12番目のハウスであるという読み方でいうと、対外関係、人間関係の原因ということにもなるので、諸外国との関係で今後日本の立場はどうなるのかということで、安心ばかりはしていられないかもしれません。

どうも、5ハウスの海王星だけが今の日本における「癒し」であり、本来白黒ハッキリ出るスポーツにおいて、勝ったから偉いとかすごいのではなく、勝者も敗者もどちらも讃えるというような結果が生まれていると思います。

個人的には海王星音痴の私は、曖昧さに漂うことがあまり得意ではありませんが、あえてこの時代、海王星が教えてくれているグレーゾーンをもっと取り入れたいなと思いました。

どうにでもとれるようなことに対しては寛大でいいけれど、シビアにしなければならない問題はいい加減にしてはいけないという、そんな春分図に感じました。

ちょっと面白かった話 [ひとりごと]

ある方がいつも出しているメルマガのようなものに書いてあって、面白かったのでちょっと紹介したいと思います。

●「ティッシュ」と「亭主」の違い

  「ティッシュ」は水に弱い 「亭主」はお水に弱い

  「ティッシュ」は鼻をかむ 「亭主」は話すときにかむ

  「ティッシュ」は紙が薄い 「亭主」は髪が薄い

  「ティッシュ」は尻を拭く 「亭主」は尻に敷く

なかなかうまいこと言うなと思いました。(笑)

たまには閑話休題ということで・・・

父親に愛された娘 [ひとりごと]

心理占星学では他者信頼を表すハウスは8ハウスで、対極にある2ハウスが自己信頼つまり「自信」を示すハウスになっています。

「自信がない」という人は本当に多いのですが、自信など最初からある人はいませんから、なくて当然です。
ただ、ことさらに自信がないという人はどうも、他者信頼がうまくできない人のように思います。

他者を信頼することで自己を信頼することができます。
赤ちゃんは、一般的には母親に無条件の信頼を受けることで自分自身を信頼できるようになります。
この信頼は「愛」ともいえるものですが、女の子にとって、まずたいていは、生まれて最初にその「信頼」を受ける異性は父親であることが多いでしょう。

父親に無条件に愛された娘というのは、ある意味「自信」を持つことができます。
なので、特に思春期の恋愛において、好きだという気持ちを相手に割と率直に伝えることができます。
自分の容姿に自信があるというのではなく、自分自身を信頼できるという意味での自信があるからです。

ところが、幼少期に何らかの理由で父親に愛されなかったり、父親がほとんど家にいないとか、子育てに関心のなかった場合、そういう環境で育った娘の多くは自己信頼がいびつになるので、恋愛面で自信が持てません。異性に対して信頼されるかどうかが不安で仕方がないので、他者信頼、つまり相手を好きになってもその自分の気持ちに自信が持てないため、
「好きだといっても受け入れてもらえなかったらどうしよう」と思います。

父親に愛されすぎて母親に疎まれてしまうという娘もいます。エレクトラコンプレックスと呼ばれるもので、父親がまるで恋人のように娘をかわいがる姿を客観視できず、父親は母親にとってはかつての恋人だったので、自分を差し置いて娘に愛情のほとんどが移ってしまうように感じる母親もいます。
でも、そういう場合でも、娘は割と恋愛面で異性に愛される自信は育つので、比較的ストレートに愛情表現ができます。

私は息子はいないので、母親と息子の健全でない関係はよくわからないですが、今の時代、マザコンとはちょっと違うらしい「ママっ子男子」なる関係性が結構多いそうで、お互いにかなり信頼し合っている関係のようで好ましいといわれています。

マザコンになってくるとどうも不評ですが、ファザコンは全く健全なものとしてとらえられるのは多分父親と娘は共依存にはなりにくいからだと思います。

例えば芸能界でも高橋真麻さんと父親の高橋英樹さんの関係は仲良しで有名ですが、真麻さんはちょっと変わっている面もあるものの、性格は非常に素直で屈託がなく、ある意味自己信頼に満ちたタイプに見えます。
父親に愛されている娘の典型だろうなと思います。

お客さんでも、素直に恋愛感情を出せるようなタイプのお嬢さんは、お父さんと仲良しだというケースが多いです。

我が家でも、主人は長女を溺愛していましたので、次女のほうが正直容姿もかわいいし、異性にもてていたのにもかかわらず、長女は自分に対して根底に自信を持っています。次女は異性の友人は多かったのですが、自分にはいまだにあまり自信は持っていません。主人と似ているせいか、あまりそりが合わなかったからです。長女は年上好きですが、次女は同級生とばかりつきあっていました。

社会生活においてこの「自己信頼」という自信はとても大事です。

ですから、女の子の場合、父親との関係はやはり幼少期はかなり大事です。
男の子の場合はむしろ思春期になったときに父親の役割が大事な気がします。

私自身は物心ついたときから父親はいないので、異性に対しての免疫がなく、恋愛面でいうと自信はかけらもなく、いつもおどおどしていたと思います。

溺愛しすぎるのもどうかとは思いますがやはり父親に愛されていた、と言い切れる娘さんは大人になった場合に、人を純粋に愛することもできるし、それを臆せず相手に伝えられると思います。
ですから結婚して子供ができても、自分のご主人が子供、特に娘を溺愛してもそれをほほえましく見守ることができるわけです。

私の友人で、中学生の時に両親が離婚し、その原因が父親の暴力だったという子がいて、もちろん彼女は父親を憎んでいますが、自分の子供は男女両方いますがとても愛情を持って育てていました。ただ、彼女自身、ご主人がややDVっぽい(言葉の)人で、いまだにご主人に逆らえず、我慢ばかりしています。こういうケースは子供に対しては愛情を持っていても、自分の恋愛に対してはやはり自分に自信がないせいで、かわいいし、優しい人なのに、選んだ相手がちょっと・・・という気がしました。

別の人は、父親がアルコール依存でやはり恋愛面でダメンズを選んだり、共依存になったりしていました。

もちろん、年齢を重ねていく中で経験値を積んで努力して他者信頼がきちんと形成される人もいますが、
やはり幼少期の父親との関係は、女の子にとってはその後の恋愛面に大きく影響するのではないかと、いろんな人を見ていて思います。

水星による知性の現れ方 [占星学]

相性と言うとどうしても金星や火星が大事だと思いますし、恋愛に結び付けやすいのですが、案外忘れてはいけないのが水星だったりします。
いくら金星や火星が相性がよくても、水星同士の相性や、水星と相手のライツとの相性がよくなかったり、どちらかの水星にトランスサタニアンが凶角を形成したりすると、意思の疎通がうまく行かないというケースが多く、本質的には気が合うとしても、やはり人と人とは会話をしないわけにいかないので、会話のテンポが全くずれてしまうと、良い関係性を続けて行くことが難しいと思います。

水星のある星座で知性・ユーモアのセンス・考え方などを示しますが、水星は太陽とは最大でも28度以上離れませんのでたとえば牡羊座の太陽の場合だと、水星は魚座か牡羊座か牡牛座かの三通りしかできません。他の星座も同じで、その星座とその前後の星座の三通りになるのです。
太陽星座と水星の星座が同じ場合はまあ、本人の性質と考え方や言語体系に矛盾はありませんが、その他は太陽星座の隣つまりエイリアンサインになるため、本質と矛盾した言語体系を持つことになるため、太陽星座のイメージでその人の言語体系を捉えてしまうと割と「?」ということが起きやすくなります。

ただ、水星も、話し言葉と書き言葉がありますので、そのどちらに出るかはアスペクトする惑星にもよるでしょうし、水星のあるハウスにもよると思います。

水星が牡羊座・・・積極的で好戦的な知性つまり、能動的に一人称を使うことが多いでしょう

水星が牡牛座・・・遅発型実務的知性つまり反応自体は遅く、まどろっこしい印象にはなるが一度覚えたことは忘れない

水星が双子座・・・ルーラーになるので多才で早発型知性つまりのみこみも反応も早く一を聞いて十を知るタイプ

水星が蟹座・・・記憶力がよく、感情的知性つまりハートフルな言語体系を持つため、気持ちのこもらない会話を嫌う

水星が獅子座・・・創造的で刺激的な知性つまりオーバーリアクションになる場合が多い。表現力が豊か

水星が乙女座・・・論理的で批判的な知性つまりロジカルでやや理屈っぽくなり、人の欠点を指摘したり正しさで追い込む場合も

水星が天秤座・・・合理的で比較的な知性つまりわかりやすいけれど一般論を述べたり、常識的な言語体系を持つ

水星が蠍座・・・洞察的で実証的知性つまり深く考えた上で言葉にするため検証する必要がありややめんどくさがられる場合も

水星が射手座・・・直接的で衝動的知性つまり思ったことを割とすぐに口にしてしまう傾向があるため日によって変化することがある

水星が山羊座・・・慎重で集中力のある知性つまり時間をかけてじっくり考えた上で言葉にするためその言葉は信用できるが重たい

水星が水瓶座・・・独創的で抽象的な知性つまり一般常識からかけ離れている場合があったり個性的でユニーク

水星が魚座・・・直観的で情緒的な知性つまり心で感じ取ったことを言語にするため主観的になりがち

この分類は案外当てはまっている気がします。
私自身、太陽は山羊座なので山羊座の水星なら慎重でじっくり考えてからモノを言うとか書くのに、水星が射手座ですから、確かに思いつきでパッと言ってしまったり、書いてしまうので、次の瞬間には変化していたりすることがあり、前に言ったことはもう忘れてしまっているのもあり、自分自身の本来のキャラとはややかけ離れるせいか、誤解を生むことも多々あります。

特にビジネスだと水星は大事だと思います。

HPの「占星学の玉手箱」には「占星学アラカルト」に多くの記事をアップしていますが「水星」という記事もありますので合わせて読んでみてくださいね。

占星学やタロットについてもっと知りたい方、占い鑑定や鑑定レッスンをご希望の方はセレーネ・沙湖のホームページへどうぞ

★セレーネ・沙湖の占星カウンセリング
http://sacorin.com/



北半球に星の多い人 [占星学]

ホロスコープは惑星がどこに集中して入っているかで、「半球の強調」を読むことができますが、
北半球が強調されているというのは、1ハウス~6ハウスまでに惑星が集中している場合を言います。

アセンダントが東の地平線で、MCが南中点なので、アセンダントの反対側のDESは西で、MCの反対側のICが北になるわけです。

MCは運勢四大代表だし、南中点だしで、MCに近い惑星をカルミネートしていると言ってやはり社会生活においては必要不可欠なものだったりもしますから、北半球型のホロスコープを持つ人はどうしても、

自分は目立たないのではないか?
後手に回るのではないか?
地味では?

という印象を抱きやすいかとは思います。

でも、北半球型の人(太陽が北半球にある人は陽が沈んでから昇るまでの間、夜中に生まれている人です)の場合は、幼少期の家庭環境がものすごく大事なのであって、逆に南半球型の人の場合は、社会性が強すぎるがあまり、自分の居場所がなくなってしまったり、ワーカホリックになったり、社会の要求に応じすぎてしまうという欠点もあるわけです。

北半球型の人はその点、家庭でしっかりとしつけられ、愛情をもって育った場合はむしろ素晴らしい社会性を発揮することもあるのです。

有名人で出生時間が分っている人でも、北半球型の人は結構います。
なぜかはわからないですが、王室や皇室などの人は、夜生まれの人が多い気がします。

もちろんこれらの人は大事に育てられますから、一般の人とは育つ環境は異なるでしょうけど、一般の人の場合やや自分で自分の人生を立て直そうとする時期は遅くなるというのはあります。
ただ、晩年運で、割と中年期以降になってからは安泰の人が多いとは思います。

知ってる人の娘さんもかなり極端な北半球強調型ですが、それはもう、大事に育てられたので、何不自由なく明朗快活なお嬢さんに育ちましたが、ご本人の中では仕事に対しての不満がかなりあるようです。
でも、はたから見れば悩みがないように見えますし、変化を起こしたくてもなかなか起こせないところもあります。
やはり晩年運ですし、若いころはいろいろ回り道をするかもしれません。

でも、何かしら「もってる」人だなと思うので、北半球型の人は、大器晩成型の人が多いと思います。

ですから、今だけを見て自分は運がないとか後手に回ると思う必要はありません。

逸材が案外多いホロスコープのタイプなのです。

気学入門編講座 [お知らせ]

3月22日(水)13時~14時半

玉造サロン(詳しい場所等はメールをくださった方にお教えします)

料金 5000円(プラス資料代数百円)

にて、

3か月間で基礎的な気学の知識を習得できるための講座をします。

一回目(3月22日)・・・年盤の観方(引っ越し等に必要な吉方位や六大凶殺を知る)

二回目(4月・日時は未定です)・・・月盤の観方(旅行などに必要な吉方位や天道を知る)

三回目(5月・日時は未定です)・・・相性などを知る方法とおさらい

で、だいたい自分や大切な人の吉方位を知ることができます。

もっと詳しく知りたい場合は、万年暦などが必要になってきますが、私は気学は専門家ではありませんので、本当に必要な基礎の「基」をお教えします。

吉方を知っておくととても便利です。

HPにも書いていますが、興味のある方はぜひメールをくださいね。

占星学やタロットについてもっと知りたい方、占い鑑定や鑑定レッスンをご希望の方はセレーネ・沙湖のホームページへどうぞ

★セレーネ・沙湖の占星カウンセリング
http://sacorin.com/


数字の不思議 [ひとりごと]

こういう仕事をしていると、やはり数字というものにはついつい目が行くことが多いのですが、占星学は基本的に12星座・12ハウスというように、12という数字が基本になっている場合が多いのです。

1年は12か月だし、東洋でも十二支というのがありますし、何かと関係してくる数字です。

よく、木星が自分の太陽星座に来ると「その年は良い年だ」というように一般的には言われています。(今年で言えば天秤座)もちろん、木星の影響を思い切り受けるハッピーな人もいるとは思いますが、どちらかというと、太陽星座というより、今年は木星がもともと天秤座にある人にとって、いわゆる「ジュピターリターン」になるため幸運な出来事が起きやすいと言えるでしょう。

木星はほぼ一年間一つの星座にいますので、目安をつけやすいのですが、もちろん1月から12月までしっかりひと星座にいるわけではないし、途中で逆行もしますから、だいたいの計算にはなるのですが、1969年生まれの人などは大体木星が天秤座にある世代で、そこに12を足した1981年生まれの人は木星が天秤座です。ですから、次は1993年生まれの人が概ね木星天秤座世代です。これらの人にとっては今年は割とラッキーなのです。

12年違うことを「一回り違う」と言いますが、これは先に書いた十二支のことで、要するに干支が同じということです。
1969年の一回り上がちょうど1957年で、今年還暦を迎える世代です。
今年の干支、つまりみんな酉年生まれの人たちです。

干支で言えば酉年生まれの人は「当たり年」つまり厄年みたいに言われますが、占星学でも木星はいいことも示すけれど同時に人を怠惰にする星でもあるため、安心しているととんでもないことが起きることがあります。

ただ、干支が同じ人というのは木星の星座も同じだという事です。
要するにおなじ干支で同じ木星ですので割と縁がありますし、相性的にもいいと思います。

ですから、目安としてわかりやすいでしょう。

一方、九星気学はその名の通り9という数字に縁があります。
数秘術でも9年で一つの周期を迎えますから、気学と流れは同じです。
では、占星学で9と言えば何かというと、リリスの周期なのです。
リリスは惑星ではないですが、9年で12星座を一周します。そしてだいたい9か月ひと星座にいます。

ですから、九星が同じ人は、リリスの星座が同じなのです。

私で言えば六白金星ですが(九星では2月4日の節入りまでは前の年で観るため、私のように1月1日生まれだと1958年で観ます)同じ六白金星の人、つまり9年ずつ足していけばいいのですが1967年生まれ、1976年生まれなどはすべて六白金星生まれで、リリスが概ね牡牛座になっているはずです。
リリスは9か月周期ですので、これは微妙にずれますが、やはり一つの目安にはなります。
リリスが同じという事は因縁めいた事柄も同じという事もあり、これまた縁はあります。

私自身で言うと、干支が同じ人は一回り下だと1970年生まれの人になりますが、確かにこの年回りの人とは結構縁がありますし、気が合います。
木星が概ね蠍座にある世代ということになりますが、今年の10月以降木星は蠍座に移行しますから、来年は「当たり年」です。戌年なので確かにそうです。

私は今年はあまりどの占いでも良い年ではありませんが、来年は最高に良いか最悪かのどちらかというようないわゆる覚悟の年にはなります。
おまけに年齢的に言うとサターンリターンだし、まあ、土星も木星も両方リターンするわけで、なかなか濃い年になるんだなと言う感じです。

12と9という数字はどちらも3で割り切れますが、3という数字は三角形を示し、占星学の記号だとトラインの記号でソフトアスペクトの代表です。
しかも3は射手座つまり木星を守護星にもつ星座のラッキーナンバーでもあります。

数字のことを考えるとなかなか楽しいですが、計算とか数学になってくると苦手なので厄介です。

占星学やタロットについてもっと知りたい方、占い鑑定や鑑定レッスンをご希望の方はセレーネ・沙湖のホームページへどうぞ

★セレーネ・沙湖の占星カウンセリング
http://sacorin.com/


メッセージを送る