So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年05月| 2017年06月 |- ブログトップ

「いい人」の定義 [占星学]

よく、「いい人なんですけどね・・・」という感じで、恋愛相談などの際、うまくいかない場合などの説明で出てくるのがこの「いい人」という言葉ですが、この定義って、本当にその人によって違うので何とも言えないものです。

みなさんは「いい人」というとどんな人を想定しますか?

いわゆる「善人」ということにもつながるのでしょうけど、この「善人」というのだって、人によってとらえ方も違うでしょう。
しかも、「いい人」と一口に言ってもその前に
「(人が)いい人」というのと「(感じが)いい人」とでは、前者だとなんだか悪く言うとお人よしとか騙されやすい人とか、御しやすい人・・・という感じがしますが、後者だと確かに好感度は高いのですが、もしかしたら八方美人だったり、愛想「だけ」いい人かもしれません。

一般的に恋愛対象等で「いい人」と呼ばれる人はもてませんし、異性としての魅力は感じない、と思われるケースのほうが多い気がします。

また、例によって12星座シリーズでこの「いい人」についてちょっとまた勝手に持論を書いてみたいと思います。

どの星座にも「いい人」は存在しますが、そのポイントが星座の特徴としてどう出るかについてちょっと考えてみました。

牡羊座・・・まっすぐで嘘がつけない。うそをついたとしてもすぐにばれる。上に二文字つくぐらい正直(単細胞的)

牡牛座・・・温厚で平和主義。声を荒げて怒鳴るとか感情の起伏があまり変わらないし気分屋ではない(鈍感)

双子座・・・ユーモアのセンスがあり、落ち込んでいたら楽しませてくれるしマイナス感情を引きずらない(ノーテンキ)

蟹座・・・世話好きで好きな人にはとことん尽くす。親切だしマメ。身びいきなので身内にいたら強い味方(内弁慶)

獅子座・・・有言実行型だし単純明快。小さなことにはこだわらないし何よりもお金にきれいで義理堅い(頑固一徹)

乙女座・・・謙虚で控えめ。好きな人のためには一歩下がる。細かいところによく気が付くし清潔感あり(気が小さい)

天秤座・・・感じの良さではピカイチ。TPOをわきまえている。品があって一挙一動がスマートでさわやか(八方美人)

蠍座・・・義理人情に厚い。大好きな相手はとことんまで裏切らない。家族思い。案外お金に頓着がない(極端)

射手座・・・お人よしという点ではピカイチ。楽天的で人を許す心の広さがある。相手を束縛することがない(無頓着)

山羊座・・・誠実で自分に嘘がつけない。不器用な分自分からは決して裏切らない。心底真面目(堅苦しい)

水瓶座・・・公平で平等、人が好きだから相手をありのまま受け止める。放任主義なので気を使わない(無責任

魚座・・・まずは受容性は一番だしきついことは言わない。無責任な優しさがありすぐに同情する傾向(主体性に乏しい)

上記に当てはまらない!という人は、アスペクトにもよりますし、育った環境などによっても変化はします。
ただ、一般的にどの星座にも「いい人」は存在します。
そして、上記の表現はいいかえると欠点にもなることがあります。()内にあるのが同時に欠点ともいえることです。

概して「いい人」というのは魅力的とは言えないのが玉にきずなのですよね。

みなさんはどの星座の「いい人」が好きですか?
私はこう見るとやっぱり山羊座とか牡牛座などの地の星座が好きかなと思いますね。

太陽と月の角度の差 [占星学]

アスペクトはもちろん角度の差のことですが、0度から180度まであります。

心理テストでも、時計の針をぱっと浮かべてもらった時に長針と短針の角度差で心のオープン度を見るというものがありますが、太陽と月のアスペクトもまた、同じようなことが言えるのではないかと思います。

太陽と月の角度の差が少ないほど、自己完結型というか、エネルギーが一点集中しやすく、外からの刺激がないとなかなか自分自身を客観視できにくいという場合があります。
よく言えば集中力があるので、人からどう見られるのかということをあまり気にしないし、自分自身の問題に関しては非常に強いのですが、その分自分自身を自覚しにくく、他者のサポートがないと無力感や脱力感を感じやすく、なるべく他者とのかかわりを求める必要があるし、なんでも一人で決めるため、一緒にいる相手が自分は必要ないのかと悩むきっかけを作りやすいかもしれません。

我が家は私だけライツは120度で、確かに他者からどう見られているのかは非常に気になる方ですし、人とのかかわりは積極的に求めたい方ではあります。(社交性はあまりないですが)
でも、あとの家族は長女以外は太陽不動宮というのもありますが、みんな、太陽と月が30度だし、母に至っては水瓶座でライツが合になっているので、完璧に自己完結型です。

要するにみんな、自分のことをどう思われているかなど気にしないため、家族として一緒にいるのだから、
自分が何を考えているのか言わなくてもわかるだろうというスタンスなのです。

でも・・・私はライツがある程度離れているので(エレメントが同じだから偏っていますし)ある程度考えを言ってもらわないとわからない場合が多いのです。
しかも、みんなそこそこ気まぐれで、こちらが「たぶんこうだろう」と思って接したら違っていたりして結構翻弄されるのです。

スクエアの人でも90度よりも角度が小さい人と大きい人とではやはり少々スタンスが異なる気もします。
角度が大きい人のほうがオープンな気がします。

もちろん、いちいち途中経過をすべて語る必要もないし、面倒でしょうけど、やはり要求がその時々で変わる場合は言ってもらわないとわからないです。
でも、ライツの開きが少ない人の場合、自分では自分の行動をわかっているでしょうから、それをいちいち説明しなくてもいいだろうと思いがちなのかもしれません。

新月に近く生まれているということになるので、月明かりが暗めのときになります。
ですから、目に見える範囲が狭くなるということかもしれません。

我が家はみんな、自己完結していて人のことにあまり関心がないので、私としては拍子抜けしたり、なんとなくすかされた気分になる場合があります。そして一人で落ち込むパターンが多いです。

家族であっても適度に距離を取らないといけないというタイプです。

やはりライツは基本になってくるので、このような考え方をするのも面白いなと思います。

7月の特別セミナー [お知らせ]

6月になりましたが、体感的にはもはや初夏ですね。
最近、また、ゲリラ雷雨のような変な天気が続きますが、どうも年々地球単位で変化が起きている気がします。

さて、今回はお知らせですが、中部地方にお住まいの方にぜひ…というお知らせです。

7月12日(水)
13時~15時

場所 名古屋市内(中村区ですが、私も初めて行く場所ですので詳しくはメールをくださった方にお教えします)

料金 1万円(できるだけ前納でお願いします。キャンセルの場合、7月7日までに連絡をくださったら料金はお返ししますがそれ以降はキャンセル料が発生します。7月10日以降50%、当日キャンセルは100%)

必要なもの 各自自分自身のホロスコープ(プリントアウトする媒体を持っていない方は私にデータをくださったら事前に作っていきます)、筆記用具、ノート

資料代は別途必要ですが、「日蝕・月蝕表」(1000円)を用いますのでお持ちの方は持参していただきますが、お持ちでない方は当日使いますので購入ください。事前にメール添付でお渡しすることも可能です。

内容ですが、
ホロスコープにおいて使える惑星、使えていない惑星、さらには使い方を間違えている惑星について
キープラネットの見つけ方等をレクチャーいたします。

15時半~17時半
希望者の方に4名様を鑑定します。(ホロスコープによる鑑定ですので事前にデータをください)
おひとり30分4000円にて鑑定します。
参加者の方は受講料、日蝕・月蝕表と合わせて13000円になりますが、鑑定のみの依頼でも構いません。
この場合は4000円のみでいいですが、30分の鑑定なので鑑定する内容はひとつだけに決めていただきます。
なお、ありがたいことに鑑定はすでにもう希望者さまが4名になりました。

中部地方の方からのご依頼が結構多いので、特別にセミナーを開催する運びになりました。

ホロスコープではたとえハードアスペクトだらけの惑星であっても、使うべき場合もありますし、ハウスや品位などによっては使い方があります。
そういったことを学べたらと思っています。

どうか、よろしくお願いします。

占星学やタロットについてもっと知りたい方、占い鑑定や鑑定レッスンをご希望の方はセレーネ・沙湖のホームページへどうぞ

★セレーネ・沙湖の占星カウンセリング
http://sacorin.com/





2017年05月|2017年06月 |- ブログトップ
メッセージを送る