So-net無料ブログ作成
検索選択
たべもの ブログトップ
前の10件 | -

苦味ふりかけ [たべもの]

久しぶりに食べ物ネタです。

好きな番組のひとつに「ためしてガッテン」というのがあるんですが、司会をしている立川志の輔さん、勲章を受章されましたね。現代落語の先駆者のような方だし、非常にユニークですね。
水瓶座っぽいなぁと思ったらやっぱり水瓶座でした。いつもながらこの星座には感服することが多いです。

で、その「ためしてガッテン」でやっていたのですが、
なんと、インスタントコーヒーを食べ物に振りかけると
「香ばしさ」「焦げのような苦味」「コク」
があるというのです。

番組ではいろんな食べ物にそれこそふりかけのようにかけて試していました。

もちろんかけすぎると単にコーヒーの味しかしないのでおかしくなりますから、適量をふりかけることが条件ですが、早速我が家でもサイコロステーキに試してみました。

結果はなかなかのものでした。

意外ですが、本当に香ばしく、コーヒーだと言われなければわからないぐらいです。
ブラックペッパーと一緒に試すと余計いいかもですし、不思議なことに、コーヒーをかけたあとに
何もかけていない肉を食べると淡泊すぎて味がないように感じるんです。

あと、シナモンが好きな人は、リンゴとかかぼちゃにかけてもいいかもです。
私はシナモンは嫌いなんで、ちょっとパスですが・・・。

意外と、うなぎにかけてもいいそうです。(さんしょみたいな感じなのでしょうか?)
テレビでは納豆にかけて食べていましたが、みなさん割といけると言ってました。
私は納豆も嫌いなんで試すことはできませんけど。(笑)

ただし、インスタントコーヒーの細かい顆粒のものに限るそうです。

昔よく、
プリンにしょうゆをかけるとウニの味になるとか、

麦茶にサイダーを混ぜたらコーラの味になるとか、

アボカドにしょうゆをかけるとトロの味になるなど

何かと何かを混ぜると全く別のものの味になるというようなこともテレビでやっていましたが、
意外なものがおいしくなったりするものですね。


コーヒーを苦味ふりかけとして売り出せば売れると言っていたレストランの店主さんも出ていました。
確かにちょっと、オールシーズンスパイスに似たような味かもしれません。

面白そうだからやってみたいと思った方はぜひ、コーヒーをいろんなものに試してみてくださいね。
何と合うか、発見してみてください。

ちなみに、アフォガードという、アイスクリームにエスプレッソのあったかいのをかけるのが結構好きなんですが、野菜にドレッシングとしてコーヒーをかけているのもありました。
ヨーグルトとかパンケーキにかけるのは普通においしいでしょうね。


自家製ヨーグルト [たべもの]

IMG_0773.JPG

は、牛乳(生乳100%のものがベスト)で作れるカスピ海ヨーグルト(ねばりのあるヨーグルトです)用の
菌を使ったものです。

500mlの牛乳に菌を入れて24時間以上常温で保存するだけなんです。

うまくいくか不安でしたが、24時間後にちゃんと粘りのある物体が!

そしてお味は・・・既製品と同じぐらいおいしかったです。

しかもこれ、大さじ3杯のヨーグルトを種にして取っておいて、また500mlの牛乳を入れるとまたヨーグルトができるので、3か月ぐらいはこれを続けているといいらしく、経済的なのです。

粘り気もあるし、なかなか、カスピ海ヨーグルトが好きな人にはもう、たまらないですよ。
家にある桃のジャムや、イチゴジャム、バナナなどを入れたりシリアルにかけたりして毎日楽しめます。

たまにこういうことをするのも面白いですね。
今年は梅酒でもつけてみようかな。

大阪やなぁ~ [たべもの]

コンビニとかスーパーに行ったとき、ついついレジ周りにあるものを観ては面白いものがあると買ってしまう私は、いつも店の戦略にまんまと乗せられてしまう浅はかな客なんですが、先日ファミリーマートに行って、
やはりレジ周りにこんなものを見つけてしまい、ついつい買ってしまいました。

image1_amema.JPG

なんだこれ!?もう、大阪色満載じゃないかと・・・。
アメちゃんといえば、大阪のおばちゃんがいつもなぜか鞄に持っているものと言われていて、私も割と持っていたりしますが(笑)、アメちゃんだからアメマ・・・アメマと言えばそう、寛平ちゃんですね。
その寛平ちゃんのプロデュースによるアメちゃんだそうで、
ネーミングもベタに「誰がモンキーやねん ア~メマ」って…(笑)
関西の人だったら知ってる寛平ちゃんのギャグ「誰がじゃ」というのと「アメマ~」が入っているわけでして、
しかも、塩バナナ味で、バナナの上にモンキー姿の絵に何ら違和感なく寛平ちゃんの写真が。
これほどサルらしい顔の人ってやっぱりいない!と感動すら覚えました。
で、姉妹品に
「いくつになってもピーチピーチ ア~メマ」というももの味のアメちゃんがあります。こちらも寛平ちゃんの写真が桃太郎みたいな絵になっていますが、やっぱりサルの絵にあまりにもフィットしすぎていてバナナ味を選んでしまいました。(これも、寛平ちゃんの「いくつになっても甘えんぼ」というギャグから採ったのでしょう)

まあ、味は普通にバナナのアメですが、アメ一つ一つもパッケージに寛平ちゃんのギャグが書いてあって
「おっさ~んおっさんアホかぁ」とか「ア~~~メマ ファ~~~ミマ」ってのもあったりして大阪愛がそんなに強くはないはずの東京生まれの私ですが、あまりのばかばかしさにこういうものはつい「ネタ」で買ってしまうところなどもはやすっかり大阪人ですね。(笑)

久々に食べ物ネタですが、ちょっと春なのでボケてみました。(笑)

喫茶店めぐり [たべもの]

を休日に家族とするぐらいが最近の楽しみだったりもするのですが、ちょっとおすすめのところを二か所ほどご紹介します。

image3.JPG

は、梅田のハービスプラザのB1にある「The tea」という名前の通り紅茶の専門店ですが、たまたま娘と、1時間ぐらい会うことがあったので、紅茶が好きな娘に合わせて何も知らずただ紅茶の店だということで入ったのです。
まずは右側の小さなグラスに、「水出しの紅茶です」と言ってハーブの効いている紅茶が出てきました。水出しでこれだけしっかりと味が出ているのはすごいねと話していたのですが、メニューはちょっとお高めではありますが、1080円でなんと、50種類あるフレーバーティーがどんどん出てくるというめちゃくちゃお得なのがあったので、頼んでみました。左側の結構大きなカップにそれこそ順番にどんどんいろんな紅茶が出てくるのですが、そのタイミングが絶妙です。50種類すべてが終わるまで粘るとまあ、顰蹙でしょうけど、1時間ちょっとで10種類ぐらいはいただいたかと思います。
串カツとかの店で、揚げたてが次々出てくるというのは経験したことがあったのですが、まさか紅茶が次々出てくるというのは初めてでビックリしました。
しかも、上品なお兄さんが頃合を見計らって淹れてくれるのですが、1時間ぐらい経つと微妙に淹れかえる時間の間隔が短くなってくるのがミソです。そうは粘れない仕組みになっているんでしょう。
まあ、いくら何でも紅茶ですから、利尿作用がありますし、何度もお手洗いに行くのも格好悪いですし、ほどほどに出て行きなさいという事なんでしょうね。
まあ、10種類ぐらいが関の山かとは思いますが、紅茶好きには結構くつろげますし、平日だったら空いていると思います。

次はimage1.JPG
は、一凛コーヒー店というチェーン店ですが、写真のコーヒーもまた、水出しのアイスコーヒーです。
私は正直喫茶店でアイスコーヒーをあまり頼まないのですが、主人が以前飲んでいてめちゃくちゃおいしかったそうでリクエストされたのもあって今回私も・・・ということでチャレンジしました。
確かにコクがあっておいしいのです。アイスコーヒーでこんなにおいしく、ブラックで飲めたコーヒーはなかなかなかったし、ピッチャーで出てくるのでカップに3杯は飲めますからなかなかお得です。
でも・・・この「コク」ってみなさん、説明できますか?私も何となく使っているものの、なんでしょうね?うまく説明できませんが・・・。麺の「こし」と同じでこのような言葉って、ニュアンスで使っているので意味はちゃんと分かってないかも…(苦笑)

で、後ろに写っているのがここの生クリーム25%のソフトクリームです。
これ、コーンのところもラングドシャでできているし、アイスが本当に練乳みたいでおいしいんです。
濃い目のアイスコーヒーのおともにはピッタリのお味でした。

行きたいカフェはいくつかあるんですが、どうしても休日にしか行けないのもあって、混んでいて入れないことも多く、まったりとくつろぎたいときはやっぱり平日に限りますね。

秋の夜長に・・・ [たべもの]

image_umeshu.jpeg

は、最近生田斗真君がCMで飲んでいた「透明な梅酒」ですが、青く透き通ったガラスの瓶に梅の絵が描かれているデザインがとても好きで、梅酒なのに無色透明と言うのでいったいどんな味がするんだろう?と
斗真君と同じように思ったので、飲んでみたいなと思っていたら、スーパーにいっぱい並んでいました。
なので早速試してみると、糖質50%オフと書かれている通り、甘さが非常に抑えられていて、梅酒なんだけど、めちゃくちゃさっぱりしているのです。

でも・・・アルコール度数は10%と結構高めなので、ホントにちょっとたしなむ程度にしておかないと結構あとから来ます。

ちょっとずつしか飲めないので、結構長持ちしそうです。

台風が近づいていますので、明日は急きょ、メイク&カードセッションのコラボイベントは延期になりましたが、台風一過であろう7日に皆さんOKしていただけたので、無事開催できることになりました。

明日は久しぶりにゆっくりと自宅待機ですので嫌いな掃除でもしつつ、家事が終わったらまたこの梅酒でちょいと一杯やろうと思います。

もう10月になってしまいました。
最近、家事に追われていてなかなか更新できませんが、このぐらいの頻度の方が自分でも無理がないなと思っています。

のまずくわず [たべもの]

というのは、何も生活のことではありません(笑)
実はこういうネーミングのお店に先日娘が、主人の誕生日祝い(8月4日)にと誘ってくれたので行ってきたのですが、なかなか町屋の雰囲気を活かして、素敵なたたずまいでよかったのです。
場所は松屋町と谷六の間かな?車で行ったのでちょっとはっきりわからないですが・・・。

image2.jpeg

これは、私たちが案内されたテーブルの横にある「喫煙室」で、縁側みたいになっているのです。
金魚鉢に金魚もいて、なんか風情があるのですが、要するにお店の中は禁煙で、なかなか良いシステムです。
食べ物はいつも写真を撮るまでに食べてしまうといういやしさが勝ってしまうんですが、おいしかったのが
image.jpeg

この、こんにゃくのさしみで、ただのこんにゃくではなくて「子持ちこんにゃく」となっていて、確かにつぶつぶが入っていたのでたらこか何かの子が入ってました。さしみじょうゆと酢味噌と好きな方で食べるのですが、意外と酢味噌だと生臭さが勝ってしまうので、私的にはさしみじょうゆがばっちりでした。(うちの家族みな同じ意見)

いろいろ食べたのですが、これは色合いもきれいで、おいしかったたらこ入りの出し巻きです。
image3.jpeg

卵焼きの中にたらこを入れたらたらこがやきたらこになるのですが、これは中味が生で、外側が卵焼きなので、どうやって作るのかな?と思いましたが・・・。

創作料理あり、器もかわいくて、お店がなんといってもこじんまりしていて静かで、また行きたいと思いました。

家族で久々の外食でしたし、やはり料理は誰かに作ってもらうに限りますね。

スプーンベジ [たべもの]

たべものネタを書きだしたら、少し浮上の兆しです。(笑)
どうもこの一か月ほど、何を見ても食欲がわかなかったので・・・とはいえ、食欲が全くないというのでもなく、食べてはいるので結果的には全然痩せていないのですが。(若い頃だったらたぶん数キロは痩せているはずなんですが、この年になるともともと悪い代謝がもっと悪くなってますので)

で、柴咲コウさんがCMでやっているハーゲンダッツの新商品アイスがめちゃくちゃ「そそられた」ので
早速コンビニに行ってきました。
高いので、頻繁に買うわけにもいきませんから、まずはお試しに一個ずつ
トマト&チェリー」(赤系のフルーツとベジを合わせたもの)
「キャロット&オレンジ」(オレンジ系のフルーツとベジを合わせたもの)
を買って食べてみました。
お味は・・・濃厚でしたね。ただ、やはりフルーツとベジを合わせると、ベジの方が勝つのかして、甘さはかなり抑えられます。ヘルシーと言えばヘルシーですが、まあ、アイスなんで知れてますね。
何度も食べたいかというと微妙ではありますが、確かにフルーツでもないし、ベジでもないという摩訶不思議な感じはしましたね。

で、赤とオレンジって結局第一チャクラと第二チャクラなんだと気づきました。

基本的にパワーがないとやはりこの根底になっているチャクラが弱いのです。
自分でもチャクラ調整のために食べているのかというぐらい、確かにトマト系はよく食べます。
かんきつ類も好きだし・・・このように、自然とセラピーをやってるんですよね。
ただ、トマトは体を冷やすのでダメとも言いますが、好きなもんは好きなんであまり気にしません。

他のチャクラでも、フルーツ&ベジってできないものかと考えてみました。

黄色だったら、パイナップル&かぼちゃとか、マンゴー&とうもろこしなんてのもありかも。
緑色は、メロン&ホウレンソウ?マスカット&セロリ(って・・・気持ち悪いかもですね・笑)
青・・・う~ん・・・青の果物がない。青というのはどうも、食欲をそそらない色のようで、青い食べ物ってホントにないんですよ。
藍色・・・これもまたフルーツとしてはめちゃくちゃ難しいですね~青系のものでどなたかこれだ!というのがあれば教えてください。
紫・・・ブルーベリー&むらさきいも(って、味は知りません)

きっと、ハーゲンダッツの人もいろいろ組み合わせて作ったんでしょうね~

赤とオレンジのこの「スプーンベジ」ですが、私的には赤の、トマト&チェリーの方がおいしかったかな?

例年、夏は食欲が落ちると言われますが、私は夏は元気なのです。
またリバウンドしないように気をつけなければいけません。

シェア [たべもの]

というと、とてもいいことなのですが、私の場合はあくまでも食べ物において最近はまっているのです。

シェア3.jpeg
は、大阪の某ホテルにて、4人でティーセットをシェアした時のものですが、一見すごく多いようですが、4人で分けたら結構楽しめました。

シェア.jpeg
は、友達の誕生日にと、入ったお店で一人ずつケーキセットを取るよりもお得だったのと、好きなのを楽しめるというお得感二倍だったのもあって、めちゃくちゃお腹が空いているというのでもないときには良かったです。

シェア2.jpeg
は、先日娘と会って、アフタヌーンティーにてやはりこのようなものがあったのでシェアしました。

なんだか最近シェアづいてますが、こういうのもまた、良い傾向かなと思います。

楽しい事やいいことは、みんなで分け合うということに繋がるでしょう。

と言いつつ実は私はこういうことは苦手だったんです。でも、なんだか最近楽しくて、ここ一か月の間に3回も・・・。

みんなで共有できる話、空間、そして食べ物・・・なんとなくいいなと思っています。

おいしいものご紹介! [たべもの]

image1.jpeg

は、バレンタインも近づいてきたのでちょっとおすすめなのですが、かわいいでしょう?
http://www.buson-an.co.jp/fs/okaki/gr55/gd172
京都六角蕪村庵という、本来はおかきの店なのですが、おかきの定番ともいえる「柿の種」に、
4色のチョコレート(普通のミルクチョコ・ホワイトチョコ・抹茶チョコ・オレンジチョコ)をそれぞれ四季に見立てて、コーティングしたものを詰め合わせてテトラ型のかわいいパッケージに入れたものなのです。
柿の種のピリッとした辛さと、チョコの甘さが絶妙のハーモニーを醸し出すのでもう、やめられません。
大きさも非常に食べやすいのもあって、形もかわいいのと、色合いもきれいなのとで、これは自分用にぜひとも買いたいです。

もう一つはグランフロントで毎日行列ができているキルフェボンのタルトで、こちらはまあ有名ですからご存じの方も多いでしょうけど、行列に並ぶ勇気がなく、初めてテイクアウトの列に並んだのです。
image.jpeg
冬季限定商品で、一個が正直お高いので、3個しか買えませんでしたが、
特においしかったのが、真ん中の1月しかないという、ゆずのタルトでした。
左は洋ナシで、ふんだんに入っていたのでこれまたおいしそうだし、右は私が大好きなレモンのタルトです。
まあ、コスパ的にはちょっと・・・ではあるのですが、お仕事に頑張った自分へのご褒美に、少しだけ贅沢をしてしまいました。(金星山羊座2宮での逆行のなせる業ですが・笑)

甘いものがどうしてもやめられません・・・。

パンケーキ♪ [たべもの]

SH3L0009.jpg

写真を見るとなんだかもう、こってりしていてカロリーが~!!っていう感じでしょう?
でも、このお店は、今、半端なく人気のあるパンケーキの専門店で、前から一度行ってみたいと思っていた
butter」というチェーン店で、梅田に二軒もあるのですが、そのうちの一軒で、いつも行列ができているのを横目に通っていたのでもう、今日も並ぶのは覚悟で、友達と一緒だからしゃべっていたらまあいいかと思っていたのです。
時間もちょうど3時過ぎだったので、おやつタイムだし…と思いきや、なんとすんなり入れたのです!

きっと日ごろの行いがいいからだと友達と言ってたんですが、絶対に私はそうじゃないですが友達の行いの良いおかげでしょう。

メニューも豊富で、めちゃくちゃ悩んだんですが、写真の、フルーツ盛りだくさんのにしたのは、右上のカップに入ったソフトクリーム狙いです。
北海道の練乳たっぷりの濃厚かつクリーミーなもので、あつあつのパンケーキにかけてもいいのですが、溶けないうちにそのままいただきました。めっちゃ幸せ~と思える味でした。

しかも、たっぷりかかっている生クリームのあっさり感にはもうびっくり!全然しつこくなく、とろけそうなおいしさで、食べた後の腹部膨満感というのがまるでなかったのです。

それにしても私たちが食べているときに結構若い女性が2人で入れ代わり立ち代わり入ってきましたが、みんな食べるの早い!しかも、せっかくついているそのソフトクリームに手もつけずに出て行った子もいて、何を食べにきたのかというか、もったいないというか・・・。

写真のは普通のパンケーキですが、他にもアツアツの小さなフライパンみたいなので出てくるブリュレもおいしそうだったので次回はぜひ…と思っています。

ホントに久しぶりにおいしいものを食べに行ったので、ちょっとうれしい気分になりました。
決してお安いとは言えないのですが、ランチを軽めにしたらおやつにはとってもいいと思います。

でも、やっぱり私たちが店を出るころには外に列ができていました。
前の10件 | - たべもの ブログトップ
メッセージを送る