So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

不動宮同士の結婚 [有名人]

奇しくも同じ時期に、獅子座と蠍座のカップルが2組離婚しました。

元貴乃花親方こと花田光司さん(獅子座)と河野景子さん(蠍座)
及川光博さん(蠍座)と檀れいさん(獅子座)

ですが、離婚と聞いて正直「やっぱり」としか思いませんでした。

貴乃花さんのほうは、まあ、考え抜いたうえでのことなのかもしれませんが、もともと不動宮同士のスクエアというのはスクエアの中でも最も歩み寄りの難しい相性です。
知り合いのご夫婦で、奥さんが獅子座でご主人が蠍座ですが、月が奥さんが魚座でご主人が牡羊座ですので、互いの太陽と月とはトラインになるため、うまくいっています。
ところが、上記の二組は月同士も相性がよくありません。
出生時間がわかっているのが貴乃花さんだけではあるのですが、そもそも月が乙女座29度ですからいわゆる「涙の度数」で、月つまり男性にとっては妻を示す星が、涙の度数ですので妻との関係において悲しみを味わいやすいのです。
しかも太陽同士は同じ19度同士のタイトなスクエアなのでもともと相性自体がいいとは言えません。
そこに来て、貴乃花さんのリリスが蠍座ですから、景子さんのほうが彼の持つ魅力に最初は惹かれたのでしょう。彼女の火星つまり好みの男性のタイプが乙女座なので、彼の月星座ですから、案外景子さんのほうが貴乃花さんのことを「タイプ」だと思った感じもします。
恋愛関係だったらまあ、程よい関係も築けたかもしれませんが、太陽と月の相性が良くない者同士が結婚した場合、やはり努力が必要ではあります。
お嬢様育ちでアナウンサーだった景子さんが横綱の嫁になり、しかも、その後「おかみさん」としてやっていったわけですから、まあ、並大抵の努力ではなかなかあそこまで部屋を大きくできなかったかもしれません。
8歳年上ですし、不動のスクエアをライツにもつ彼女はものすごく根性のある人でしょうから、必死で頑張ったでしょう。でも、貴乃花さんはどこかしら世間知らずでよく言えば純粋ですが、子供っぽい性格ですし、頑固さもかなりのものです。
不動宮はどちらもが自分を持っていますので、合うときはすごい力を発揮しますが、一旦合わなくなるともう、正直顔も見たくないほど嫌いになる可能性が強いですから、本当のところは当人にしかわかりませんが、今年だけでも貴乃花さんは何度ワイドショーのネタになったかわからないぐらいいろいろ問題提議をされたと思います。
トランジットの冥王星がMCに合ですので社会的地位を失うという意味で、相撲協会を去り、貴乃花部屋もなくなり、いわゆる「無職」になったわけです。
しかも、トランジット天王星がアセンダントに合になり、離婚という形でプライベートでもおおきな変化を起こしました、というか、起きました。
もともと醒めきった夫婦だったと思うので、こういったトランジットがまさに起爆剤になったのでしょう。

一方、及川さんと檀さんはまあ、絵に描いたような美男美女で、ビジュアル的にはお似合いなのですが、星を見るとどちらもオトコっぽい星ですから、家に男が二人いるような感じで、あまりにもサバサバしすぎていたと思います。こちらは、太陽同士ももちろんスクエアですが、月同士もスクエアです。
さらにはやはり及川さんのリリスが獅子座で檀さんの太陽星座なので、檀さん側が及川さんに惹かれたものの、何かとしんどかったかもしれません。
どちらも、女性側が最初は惹かれたけれど、徐々に一緒に暮らしていくうちに醒めていき、しまいには不動宮特有の「ヒューっと醒める」感じでもう、「なんでこんな人を好きになったのかしら」というような気持ちになったのではないかと思います。

占星学でいうところの相性の良くない夫婦でも、努力して頑張っている夫婦もいますがこの二組はどちらも自活できる者同士ですから、一般人に比べれば離婚する確率は高くなります。
方やお子さんはもう、ある程度手を離れていますし、方やお子さんがいないのも離婚に踏み切りやすかったかもしれません。

獅子座も蠍座も離婚率が特別高い星座ではないのですが(柔軟宮がやはり高い)我慢の限界値を超えてしまうともう、修復は不可能になります。
不動宮同士はお互いに頑固さという共通点があるので、折れません。

二組とも個人天体に柔軟宮が少なく、ミッチー夫婦に至っては全くありません。

占星学の教科書のような相性の悪い夫婦が離婚したという事例です。

インコンなどの相性の悪さだと「どうでもいい」「無関心」というような仮面夫婦は演じられるのですが、不動宮のスクエアの場合はやはりはっきりさせたいという気持ちが強くなります。
貴乃花さんと景子さんの場合、貴乃花さんのアセンダントと水星のスクエアに、景子さんのライツを合わせるとオーブは広いですが不動のグランドクロスもどきが出来上がりますので、もはや身動きが取れなくなります。そこにトランジット天王星が来たため、はっきりと離婚という形になったのでしょう。

妙に納得するこの二組の離婚でした。


nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。