So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

今季ドラマ総括 [ドラマ]

今季のドラマも、私が見ていたドラマだともう「下町ロケット」以外は終わりました。

今季は割といいドラマが私的には多かったので、結構見続けました。
日本のドラマはいわゆる視聴率は、勧善懲悪ものとか、刑事もの等がどうしても高くなりますが、私はあまり視聴率の良いものより、脚本家で見るところが大きいので、その意味では割と今季は好きな脚本家さんが多かったのもあって、内容はなかなか良かったというものが多かったなぁというのが正直な感想です。

月9の「スーツ」は鈴木保奈美さんがかっこいい50代になっていたのと、ファッションが素敵だったので見ていたのですが、内容的にはちょっと中島裕翔さんが出過ぎのような感じで、個人的にはあの「カンチとリカ」の掛け合いがもう少し見たかったです。

火曜日9時からの「僕らは奇跡でできている」はなかなか深い話でしたし、個人的には好きなドラマでしたが(動物好きというのもあって)最終回で主人公が宇宙に行くというのはややありえない発想になってしまっていたのが残念でした。まあ、榮倉奈々さんの演じていた歯科医さんと恋愛…というのはちょっと違うし無理やり終わらせるにはそうなってしまったのでしょうけど、このドラマで出てくる高橋一生さん演じたちょっと変わった主人公の言う言葉には結構深いものがあって、「なるほど」と思いましたし、生きるのが楽になる方法を教えられた気もしました。

10時からの「中学聖日記」は、これもまたありえないとかいろいろ批判されていましたが、脚本がよかったので私は期待して観ていましたし、新人の岡田健史君が久々に硬派でなかなかのイケメンで、今後の活躍に期待ができそうな子だったので観ていましたが、最終回は号泣もので、期待を裏切らないものでした。
恋愛ものにあまり感動しないのですが、実際に男性が10歳年下のカップルなど今や珍しくないし、これはただ先生と生徒だったということだけが問題だっただけで、このハッピーエンドは納得できたのですごくすっきりしました。純愛を貫き通し、変なラブシーンもなかったので良かったです。

水曜日10時の「獣になれない私たち」も、「逃げ恥」と比較されて何とも視聴率は伸びなかったみたいですが、それなりに深い話だったし、私的にはガッキーが好きだしよかったです。ただ、松田龍平さんより、田中圭さんが演じていた男性のほうが、ちょっと情けない面もあるけれど私は好きだなぁと思っていましたがやはり振られてしまいました。このドラマは脇役が光っていましたし、それなりに面白かったです。黒木華さんも新しい一面が出ていましたし・・・。

木曜日はまあ、王道なので、「リーガルV」は見てましたが、これはもう、全く米倉涼子さんがあの、「失敗しないので」の大門未知子そのもので、一種の娯楽として見ていましたが、大好きな向井理さんが出ていたので、嫌な奴のようだけど、実は本当は絶対にいいやつだと信じていた通り、最終回でのやり取りが秀逸でした。向井さんはツンデレみたいな役をさせたらもう、天下一品だなと思います。
10時からは「黄昏流星群」も「ネタ」として見てしまいましたが、これはもう、出演者のすべてがミスキャストすぎて・・・。「中学聖日記」や後述の「大恋愛」の最終回は見事な納得いくエンディングだったのに、このドラマのハッピーエンドは無理がありすぎてツッコミどころ満載すぎて・・・。中山美穂に何の魅力も感じなかったんで、イタイ!と思いつつ観てしまっていました。

金曜日の「大恋愛」これはもう、最初から脚本家さんも好きだし、きっといいドラマになると期待していた通りでした。戸田恵梨香さんは生意気な役柄も多く、ご本人も割と気の強い人だし、正直あまり好きではなかったんですが、このドラマでの彼女はとにかく「こんなに人を好きになったらかわいい笑顔になる人なのか」というぐらいきれいでした。ムロツヨシさんも、コメディアンみたいな役柄が多かったですが、シリアスなドラマでもなんら問題ないぐらいうまいし、今後は阿部サダヲさんのような感じになっていくのではないかと思います。
これまた最終回はムロさんがうますぎて号泣ものでしたし、怪演だった小池徹平さんもよかったですし、出ている人みんながうまかったので安心してみることができた上質のドラマだったと思います。

と、今季は結構恋愛ものが多かったですが、それなりに感動できたので良かったです。

nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。