So-net無料ブログ作成

矛盾した星の配置 [占星学]

現在、私自身の太陽の真上にトランジットの土星がいます。
でも、アセンダントの真上に木星がいます。

何たる矛盾・・・

引き締めていかなきゃいけない現実があるのに、ふわふわしていて遊びたい・・・。

こういう矛盾に悩む星の配置は案外あるのです。
概ね、隣同士の星というのは、エイリアンサインなんで矛盾を生じます。
私の場合は射手座の解放感と山羊座の閉塞感が同時に来るので、
「いったいどうすりゃいいねん!?」となるわけです。

知り合いの人も、逆にアセンダントが山羊座なのでどうしても普段から言動が生真面目で堅苦しい印象を与えてしまうようなんですが、ご本人は月が牡羊座の初期度数だからか、トランジット木星とはトラインだし、おまけに現在月の近くにトランジット火星もあるしで、行動したいというか、遊びたいようなのです。
でも、周りから「どうせあの人誘っても来ないだろう」と思われているのか誘ってもらえないと愚痴っていました。

私の場合は遊びたいというのが言動にも出ていますが実際は結構家庭の問題で大変だったりします。
山羊座は活動宮ですので、案外家でじっとしていることは好まないのです。
(山羊座のオタクって案外いないのですよ)

来年は射手座と山羊座のせめぎあいが年間通じて起きます。
どちらもルーラーだから余計に強烈です。
世界から見たら日本は下手すると孤立しているかもしれないのに、国民は平和ボケ状態という感じで、
景気の良さも、海外から来ている人の消費力によるところが大きいのに、オリンピックの前年だからとなんとなく盛り上がっているし・・・。

私の土星は射手座29度ですのでこれまた矛盾の塊です。
楽観的になりすぎることを本当は求めているのに、土星で制限してしまいます。
一度でいいからノーテンキになってみたいのに、そんな自分を赦せないストイックな自分がいるし。

しかもこの土星に対して今、トランジット天王星は牡羊座の28度にあるのできれいにトライン・・・。
1ハウスと5ハウスだから遊びたい病になるのも致し方ない状況です。

要するに体力はことごとく制限されているので寒いしいまいち調子はよくないんですが、じっとしていられない気分にあせってしまうのです。

年末はいつも割とゆったりしているのですが、来月は金星は射手座で火星は牡羊座でまたルーラー。
火の星祭りになるし、なんと一つも風の星がないから動き方がダサいしスマートではありません。
もともと風の星のない私は、どうもトランジットに振り回されています。

もう今年もあと一週間だというのに、全然新しい年の準備をしていないのです。
まるで水中で全力疾走をしているような感じで、エネルギーばかり使っても全然前に進まないもどかしさ。

こんな年の瀬ですが、みなさんはいかがお過ごしですか?
射手座と山羊座の矛盾は私ほどはっきりしないとしてもみなさん感じるはずです。

もともと、個人天体にハードアスペクトが多い人は自己矛盾に慣れているのであまり苦痛を感じない場合もあります。
こんな時、ソフトアスペクトはあまり役に立ちません。
苦痛を感じてはねのけようとしてもそんなエネルギーがもともと備わっていないので、面倒になるかあきらめるしかありませんので。

どうやら2019年は「ほどほど」とか「ぼちぼち」というような悠長な気分にはさせてもらえないのではないかというような様相です。
自分の限界値を感じそうな気がするのでちょっと怖いです。
ホッとしたい、ボーっとしたいと願ってもそうはいかなさそうです。

それこそ「ボーっと生きてんじゃねーよ!」とチコちゃんに叱られそうです。

nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。