So-net無料ブログ作成

種田さんロス [ドラマ]

今季のドラマも2クール連続の「あなたの番です」以外は終わりました。

今季は結構観ていましたが、何と言っても、もともと好きな向井理さん目当てで観た「わたし、定時で帰ります」に、というか、向井さん演じる種田晃太郎に久々に心を奪われてしまいました。
「なんたらロス」みたいなことは他人事だと思っていたんですが、もともと顔とスタイル、声がドストライクの向井理さんが演じたこの種田さんは、実に素敵なオトコだったのもあって、はまってしまいました。

主人公の結衣(吉高由里子さん)の元彼氏という役柄でしたが、同じ職場の上司として一緒に仕事をすることになり、最初こそ気まずかったですが、(結衣には彼氏がいたので)晃太郎はずっと結衣のことが好きだったのですが、自分が仕事人間で結衣のことを顧みなかったから振られて当然だと思っていたから、結衣が現在の彼氏とうまくいってる限りは一切邪魔もしようとしないし、未練タラタラ男みたいな接し方など一切しません。言い訳もしないし、男らしいのです。
でも、毎日職場で晃太郎みたいな人と一緒に仕事をすればきっと誰でも惚れてしまうような男性です。
仕事ができるだけでなく、責任感もあり気配りもできるし人に対する思いやりも情もあるし、一切批判的なことを言わないし、もう、最高の上司だと思います。

でも、本当は完ぺきな人間ではなく、お酒もそんなに強くないし、仕事には器用でも女性には不器用すぎるし、案外弱い面もあったりします。これがまた、女心をくすぐるのです。

誰が演じたとしてもきっと好きになったであろう晃太郎の役を向井理さんが演じたものだからもう、向井さんそのものが晃太郎に思えてきて、結衣が今の彼氏と別れて絶対に晃太郎とよりを戻してほしいと、ずっと応援してきました。

結衣役が吉高さんだったのもよかったです。あまり好きではない女優さんだったら絶対に嫉妬してしまったと思いますが、吉高さんも危なげなアンニュイな役柄が多かったけれどこの役はスに近いような役で、ドラマの中でのファッションや普通っぽいナチュラルな感じがすごく好感持てました。

やはり「仕事のできる男」というのはめちゃくちゃポイント高いですから、結衣も、実は仕事が好きで一旦仕事をすると頑張ってしまう、晃太郎と同じタイプなのです。
必死で仕事をして体を壊すぐらいなら、効率よく仕事をし、定時で帰るスタンスを貫いてきた結衣ですが、晃太郎は相変わらずの仕事人間まっしぐらで、そんな彼が一体何のために働き続けるのかを身を持ってわかろうとして遂に倒れてしまうのです。
これが最終回で、結衣が目覚めたとき、そばにずっと付き添っていた晃太郎は「このまま目覚めなかったらどうしようと思って仕事どころじゃなかったんだぞ」と泣きながら結衣を叱ります。
もう、この涙につられて泣いてしまいました。

こんな風に愛されたいなぁと思いましたし、晃太郎がいかに結衣のことを愛しているかがわかったシーンでした。
普段の言動が優しい、中丸雄一さん演じる現在の彼氏でしたが、かなりいい人を演じているような感じで、不自然でした。決して悪い人ではないですが、感情の波がなさすぎるというか、どこかしら自分中心で、結衣のことを思いやった言動よりも、むしろ自分が楽しみたいというような感じを受けました。
もし、同じように結衣が倒れても、この彼はきっと怒ったりしないでしょうけど、ずっと付き添わず、仕事に行って、目覚めたら「良かったね」と普通にいうようなタイプでしょう。
晃太郎の思いやりを感じたシーンが、その時、結衣に「何か飲むか?」と言ってペットボトルの水を渡すとき、ちゃんとキャップを緩めて渡すんです。こういうさりげない優しさはめっちゃ「ツボ」です。

おまけに最後、結局フリーになった結衣が実家暮らしをしているので、「両親が腫れ物に触るように接してくる
から早く家を出たいんですよね」みたいに言うと「俺んち、来るか」という晃太郎にもう、ノックアウトされました。
これってプロポーズじゃん!?
そして「マンションでも買おうかな」
結衣が「え?なんで?」というと「いや・・・一緒に暮らさないかなと」と、ちょっぴり照れながらいうので、
結衣も何となく嬉しそうに「前向きに検討させていただきます」と言って終わるんですがまあ爽やかなエンディング。

晃太郎は、結衣に対する気持ちが一切ぶれてなかったのです。

そのほかにも胸キュンシーンはたくさんあるのですが、晃太郎のことばかり書きそうなので…(笑)

とにかく、やっぱり向井理さんはいい!という結論です。

ほかのドラマも、なかなか良かったです。
「ジェネレーションハウス」も、ツッコミどころはあるものの、窪田正孝さんの話し声や雰囲気も好きなんで、良かったし、大好きな天海祐希さんの「キントリ」も安定の面白さだったし、山Pの「インハンド」もなかなか面白かったし、「俺のスカート、どこ行った」も、最終回はちょっと「?」でしたが感動する場面もあり、学園もの好きな私にとってはなかなか良かったし、「あなたの番です」はいったい誰が犯人なんだろうと思いつつ観ていると結構次が気になる…という感じですし。(向井理さんと顔のタイプが似ている田中圭さんが出ているし)

いやはや・・・久々にはまったドラマが「わたし、定時で・・・」でした。
向井理さんは「きみが心に棲んでいる」のときのクソみたいな屈折した男を演じたのもまたよかったのですが、晃太郎は本当に彼の株を上げたであろう役でしたし、演技がうまくなったなぁと思いました。
ツンデレ具合が程よく、目で切ない演技ができるし、向井さんはあまり好きではないという人も割と多いと思うんですがこの役だけは好きだという人も多かったみたいです。

原作漫画も読んでみようかなと思いました。

nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。