So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

OL [ドラマ]

私はOLロスになってしまいました・・・

って、会社員として働いたことがないからなのか?ということではありません。
OLロスというだけで何のことかわかった人は、かなりのツウだと言えますが、
OLとは「Office Lady」のことではありません。
「Ossan's Love」
そうです。きのう遂に終わってしまったドラマ「おっさんずラブ」のことなんです。(笑)

このドラマのタイトルを見ただけで面白そうだと思ったので見ていたのですが、普通にいうところの
ボーイズラブの話ではなく、純愛ものだったし、切なさあり、笑いあり、涙ありで、最終回は不覚にも
泣いてしまいました。

こんな世知辛い時代によくこんな面白い脚本を書いてくださったもんだと感動します。

主人公の「はるたん」こと春田創一役の田中圭さんは、以前から好きな俳優さんでしたが、このはるたん役は
彼にとっても代表作になるのではないかと思います。
普通に巨乳の女性が好きな33歳のモテないサラリーマンなのに、なぜか突然男性にもてまくり、その優柔不断な性格が功を奏したのか、いつしか男性と恋愛?することになじんでしまったという話なんですが、
「おっさんず」となっているのは、はるたんの上司、黒澤武蔵役の吉田綱太郎さんの目線からなんだと思います。

吉田さんはどちらかというと、あくの強い役が多いし、怪演というにふさわしい役者さんですが、今回の役はもう、「乙女」な役で正直「かわいい」という形容がぴったりの役で、さすがに何でもこなせる役者さんだと思いました。

もう、恋する乙女以上に乙女チックで、しかも普段は仕事のできる上司…というギャップに「萌え~」となった人も多いのではないでしょうか?

そしてもう一人、後輩として入社してきて、ひょんなことから同居することになって、家事が大の得意でそんな彼にはるたんは重宝していたら突然シャワーを浴びているときに「巨乳じゃないですが巨根じゃだめですか?」とその唇を奪って告白してきた牧君役の林遣都君もまた、このドラマで新たな飛躍を遂げたのではないかと思います。

この3人の三角関係?がメインになるのですが、ドロドロしたところがまるでなく、どの場面も笑えてしまい、時にははるたんの鈍さに泣かされたりもして、見ているほうもほろっとする場面が多々ありました。

視聴率はさほど当てにできない時間帯のドラマなんですが、話題性ではたぶん今季一ではなかったかと・・・。

私など、家事が嫌いなのもあって、はるたんがうらやましかったです。
彼はだらしなくて、何にもできないからこそ、なんというか、この場合、男性の「母性本能」?を掻き立てられるのか、はるたんを好きになる男性陣はみなさん家事がうまいのです。
はるたんはものすごく心優しい「いいやつ」だからこそ、余計にくすぐられるのでしょう。
普通は、男性に興味がなかったら、断るのでしょうけど、「いいやつ」であるはるたんは断れなくてズルズル・・・こんな愛の形もあってもいいだろうと、見ていてつい引き込まれてしまいました。

久々に爽やかなドラマだったなぁと思います。

田中圭さんも、ドラマのクランクアップ時に号泣したそうですし、きっと、撮影現場も和気あいあいとしていたんだろうと思います。

2016年に一度単発で放映しているそうなんですが、これを見ていないので、見てみたいです。

正直、今季のドラマはツッコミどころの多いものが結構多く、感動できるものが少ないのですが、「おっさんずラブ」は純粋に感動しました。


nice!(3)  コメント(4)