So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

不器用すぎる人 [有名人]

タイトルだけで誰のことだかわかる方も多いはずです。
またもや物議を醸している貴乃花親方ですが、どうしてこんなにも不器用なんだろうと、他人事と思えないような処世術のなさを痛感します。

親方の月は私と同じ乙女座です。決して強い星ではないので、正直ものすごく傷ついているし、きっとものすごく落ち込んでいるはずです。でも、太陽獅子座のプライドがそれを見せることを一切拒んでいるし、アセンダントも牡牛座ですから、一旦決めたことを曲げることができないのはこれもまた、月の乙女座の「小心者だが自分に嘘がつけない」という一種の反抗心のようなものがあるからだろうなと察します。

「正しさ」にこだわるのが月の乙女座です。世間や相撲協会がいくら正しさを押し付けてきても、親方の中では自分の中の正義が正しさですので、今回の引退騒動でいえば「事実無根」というこの四字熟語が納得できないという一点に尽きるのだと思います。
ホロスコープで見る限り協会からの圧力はあると思いました。
なぜなら、親方のMCの真上にソーラーアークで進行させた海王星があるので、ズバリ「尊敬できる上司が相撲協会にはいない」というのがあり、誰も信用できなくなってしまっています。
そこにトランジットの冥王星が鎮座していますから、彼の社会的立場は極端に変化するという暗示です。

どちらかと言えば温厚で、辛抱強い親方がもはや、強制的に自らの地位を捨てたわけですが、きっと耐えきれないぐらい、病む一歩手前なんだと思います。

相撲は嫌いではありませんが、いつのまにか元日馬富士関は、引退相撲をするぐらいの状況になっていて、
本当だったら暴行事件を起こした人だし、そんな資格があるのかなと思ったりもしますが、不起訴処分だったのと、自ら引退したというのが協会の心証を悪くしなかったからでしょう。
でも、貴乃花親方にとっての真実は根深いものがあって、そういった協会の姿勢すべてに対して不信感しかなくなっていったはずです。
獅子座ですし、一旦嫌いになったものはもはや覆せません。

表向きだけでも器用にふるまうのが弟子たちへの配慮だという人もいると思いますが、彼にとっては自分が犠牲になってでも弟子たちの将来を守りたいというのが信条だったのだと思います。

そして、クビになるぐらいなら自分から辞めてやるというのも彼のプライドでしょう。
ホロスコープ上、そんなにしつこいとかきついとかいう星はありません。ただただ不器用で純粋です。

もはや絶対にサラリーマンにはなれないような、組織には不向きな人だなと思うわけです。
もちろん彼は幼少時から相撲しか知らないような世界に生きてきたので、世間が狭いとは思います。
運動能力は図抜けたものがホロスコープからも見られますし、そこから大横綱になったわけで、その実力は誰もが認めるはずです。ただ、こういう人は概してねたまれることもあるわけで、12ハウスのキローンはまさに、陰謀を張り巡らされたトラウマがあるわけです。

5ハウス獅子座の太陽ですので子供っぽい性格も確かにあるでしょう。でも、彼の11ハウスは空っぽですし、カスプ主星が天王星で6ハウスにあるので、サラブレッドであるにもかかわらず、組織に入れば奉仕的な役割を担わされる運命です。彼は大好きな弟子のためや、大好きな家族のためだったら喜んで奉仕もすると思いますが、嫌な組織の傀儡になりたくないのでしょう。

結局、組織の力に負けてしまったんだろうなと思います。
月の星座が乙女座ではなく不動宮、例えば蠍座などだったらもっと戦えたのでしょうけど、強い星の中にある乙女座の月はまたもや6ハウスで、冥王星と合だったので、徹底的な従属を要求されてしまうため、耐えきれなくなったというのがホロスコープから見て取れる見解です。

でも、彼の先行月蝕は10ハウスの天職です。相撲は彼の天職ですから、まだ若いですし、子供たちに相撲を教えるなどして、あちこち出向いて、将来の横綱候補を育て上げればいいのではないでしょうか?

こういう生き方もあるんだなと思いました。
正直、頑固でちょっとなぁと思う部分もありましたが、今回は彼の無念さが伝わってくる、そんなホロスコープでした。

nice!(3)  コメント(0) 

信用と信頼 [ひとりごと]

みなさんは、信用されるのと、信頼されるのとはどちらがうれしいと思いますか?

もちろんどちらも大事ですが、やはり「信頼」されることのほうが嬉しいのではないでしょうか?

よく「信頼はしても信用はするな」と言われたり
「信用は頭でするものだが、信頼は心でするものだ」
とも言われます。

要するに、信用というのは、あくまでも条件付きのことであり、だから、「信用貸し」とかは言いますが「信頼貸し」などという言葉は決してありません。
それに反して、信頼というのは無条件に相手を信用することだと思いますので、「信頼関係」とは言いますが「信用関係」とは言わないですね。

でも、実際の人間関係においてはどうしても相手に対して「期待」をしてしまうのが人間だと思います。
でもそれは、こちら側が勝手に思っているだけなので、その通りにならなかったら「裏切られた」とか「信じていたのに・・・」という思いが生まれてしまうのです。

期待を捨てれば楽になることは、みんな知ってると思うのですが、これがまた難しいことです。

期待ということは無意識に相手をコントロールしようとしているわけなので、それは根底に相手を信用していないことになってしまうと思います。
相手の思惑は相手にしかわからないことだし、こちら側の意図とは違う反応を示されたからと言って相手がこちらを裏切っているのかというとそうではない場合もあります。

「信じてたのに!」とよく、夫婦間でも言いますが(ご主人に浮気された奥さんとかが)これは、たぶん
「夫婦だから浮気はしないだろう」と勝手に奥さんの側が条件を設定してその上で相手を「信用」しているからで、「信頼」している場合は、無条件に相手を信じるので「信用」も含まれてくると思います。

すごく難しいことかもしれませんが、ご主人のことを心から信頼していたら浮気という「事実」が発覚した時に
「なぜ夫は浮気したのだろう」
「自分に至らないところがあったからか」
「何が不満だったのだろう」
というように、相手を責める前に「事実」だけを踏まえて考えることができるのではないかと思います。

もちろん、そんなことのできる人はまあ、かなり人間として練れた人なのでほとんどいないでしょう。

先日も娘婿が飲みに行って「絶対に終電では帰るから」とLINEが来たにもかかわらず朝になっても帰ってこず、結局その日の昼まで戻ってこなかったそうで、娘曰く
「終電が無理だったら始発ででも帰ってくるのが誠意だと思う」とのことだったんですが
それは、娘が勝手に決めた「誠意」であり、婿にとっては別段そういう発想はないと思うのです。
婿は多分飲んでいたらもはや時間など忘れてしまい、気分よく酔っているのに「妻にLINEをしなきゃ」とは
思わないでしょう。でもそれが別段妻を裏切っているということにはならないと思います。
娘は割と正義感が強いので、「絶対」と言ってきたからそれを「信用」してしまうのですが、彼は今までも何度となく約束(と娘が思っていること)を破っていますのでまあ、言ってることに大して意味がなく「信用」はさほどできない人間だと思います。
でも、いざというときは男らしいし、余計なことは言わないのでまあ、「信頼」には値するタイプだとは思います。だからまあ、頼りない面はあるけれど娘との結婚も認めたわけです。

娘は要するにまだ婿のことをまだ無条件に信頼できてないのかなぁとちょっと思ったのです。

今やっている「ヒモメン」なるドラマがありますが、ここに出てくる窪田正孝君演じるヒモ男君はまあ、彼女のことを何度となく裏切ってくれますので、信用など全くできないタイプです。
でも、彼女はなぜか彼のことを無条件に信頼はしているのです。

要するに信頼はできても信用はできない(部分がある)

というようなタイプの人は意外と好かれるように思います。

逆に、
真面目だし、信用はできるけれど、信頼はしてない

と思うような人はいざというときに頼れないわけですから、心から好かれる人ではないように思います。

信頼の中に信用は当然のごとく含まれるので、
「信じられない!」
という言葉はいいかえると
「信用できない!」ということになるので、そこで心底腹が立ってその人との関係性をもう切ってしまおうと思うのなら信頼していなかったということですが、娘もやはり彼のことは好きではあるのでどこかで信頼はしているのかもしれません。そうでなかったら結婚していないでしょうし。

夫の浮気にもドンと構えている奥さんがいます。最近の例だと、ダウンタウンの浜ちゃんの奥さんの菜摘さんです。これはもう、全幅の信頼を寄せているからでしょう。(全幅の信用という言葉はないですね)

夫婦は「信頼」ができていたらそう簡単に壊れないんだろうなと思います。

孔子も、論語の中で
「十人いてすべてに好かれる人も善人ではない。十人のうち五人に好かれたら善人だ」
というような趣旨のことを言っています。
好かれようと思って(信用されようと思って)「いい人」を演じて好かれたとしてもそれは「都合のいい人」にしかならない。「無条件に信頼してくれる人が十人中五人もいれば十分その人はいい人だ」ということだと思います。

確かに、お金を借りる際に貸す側はビジネスとしては「信用」されたいから美辞麗句も使うでしょう。
でも、ビジネスなので当然ですから借りる側がその人そのものを「信頼」しているわけではないと思います。

私も、仕事で相変わらず時々「踏み倒し」「ドタキャン」などの憂き目に遭いますが、もともとネットで知り合った相手に対して「信頼」は難しいと思います。ですからビジネスとしては「信用」はあるという前提でかかわるのですが、
「条件として提示してあるので事前にお金は払う」
というのは私が決めていることであって、相手にしてみたらもちろん「常識」のある人はそれで「信用」は成り立つのですが、鑑定結果を聞いてないのに私のことを「信頼」できるかというと違うでしょう。

ネット社会の怖さはこういう面でもあるんだろうなと痛感します。

やはり人とは会って話さなければ信頼関係は築けないのではないかと思いました。

会って話したことのある人との場合は、よほどのことがない限りは金銭面でもトラブルはありません。

でも、信頼関係が築けていたと勝手に「期待」していて、そうではなかったということもあります。
そういう意味での信頼は本物の信頼ではないんだなと思いました。

メールだけで終わってしまう関係は、それまでの関係であって、本当に失いたくない関係だったらやはり
会って話そうと思うのが本物の信頼関係なんだろうなということです。
nice!(2)  コメント(2) 

今回の災害で被害を受けた方、お見舞い申し上げます [ひとりごと]

今回の台風21号はもう、本当に日本に何か恨みでもあるのかというぐらいひどい爪痕を残し、北海道まで巻き込んで大きな被害をもたらしました。

北海道は大変なことになっているようですが徐々に復旧しているようでニュースを見る限り、対応はかなり迅速だったようですね。
でも、まだまだ大変だと思います。

と言っても実はこちら大阪も、今回は台風が直撃しました。
本州で最も死者が多かったのが大阪府です。まあ、人口が多いからというのもありますが、
今回、兵庫県や京都など近隣はあまり大きな被害はなかったように思います。

大阪は、災害は来ないだろうとちょっとなめていたところもあります。
私自身、正直、災害はそれるといつも思っていたんですが今回ばかりは本当に家が揺れて風の音が怖かったです。
屋根の一部が落下したりして個人宅の修繕はまだまだ手が足りないため、落下物はそのままです。

しかもなんと、我が家はケーブルテレビの回線を利用しているので、固定電話もテレビもインターネットもすべてアウトになってしまったんです。
停電だけは免れたのでまだ普通に生活はできたからよかったんですが・・・。

仕事柄、インターネットに接続できないというのはかなりのダメージで、スマホでパソコンに来たメールを見れるように設定しているからまだよかったものの、この3日間は時が止まったようでした。
自宅でいる私ですらこんなにストレスを感じたのですから、避難所生活を送られている方のストレスはもう、
半端ないものだろうと痛感しました。

正直他人事みたいに思っていた災害がもはや日本のどこにいても身近なものとして認識すべきものになっています。

私は今日やっとすべての通信網が復旧したのでこうやってブログを書けますが、まだまだ全国には停電していたり、不便な生活を余儀なくされている方がいらっしゃると思いますので、本当に心からお見舞い申し上げます。

尚、16日に実施するコラボイベントですが、すべての枠がおかげさまで埋まりましたので、申し込みを締め切らせていただきます。

日本はもはや安全な国とは言えないですね。これは何かしらの警告かもしれません。
今やネット社会ですべてがネットに頼ってしまっていますが、電気が止まったりすればすべての通信手段は一気になくなるわけですから、やはり人と人とが直接助け合うような、そんな社会にならなければいけないのではないかと思いました。
今年は本当に災害続きです。すべての国民が防災に関する知識を持たなければならないですね。
私自身も全く知識がないので、ちょっと真剣に考えないといけないと思います。
nice!(2)  コメント(2) 

毎年恒例、コラボイベントのお知らせです [お知らせ]

9月になりましたね。
期待を裏切ることなく9月は台風がまたもややってきそうですが…(苦笑)

いつもなら関西は必ずと言っていいぐらいそれるのに、今年はどうも狙われている気が・・・。

で、台風が気になるときではあるのですが、毎年恒例
「SameMoon活動」を今年も行います。

メイクセラピスト、「太陽の語り部」ことMacoと、
「月の占い師」こと私、Sacoがコラボでセッションをする毎年恒例の活動です。

いつも私のお客様だけでもう事前に埋まってしまうので、告知しないままになっているのですが、
今回も1枠ないしは2枠のみ募集します。

9月16日(祝日なのですが私の方の都合がついたので)
12時~17時
1時間ごとぐらいに(大体の目安で多少前後します)時間差で来ていただく形になっています。

場所は豊中市内の私の自宅です。

15時からの枠と、12時からの枠が今のところ空いていますのでもしご希望の方がいらっしゃったら
私にメールをくださいね。

Macoさんは本当にいつも飽きないぐらい話題を提供してくれるので、セラピーの最中も笑いが絶えません。
だからなのか、メイクの後はみなさん笑顔になられます。
眉毛の描き方だけでこんなにも変わるのか!というぐらい変わるのです。
普段お使いの化粧ポーチだけ持参していただいて、ベースメイク以外は眉や口紅などは塗らずに
できるだけすっぴんに近い状態でお越しくださいね。
高いメイク道具も必要ありません。今お使いのメイクグッズのみで、Macoさんが使い方を教えてくれますし、
ファッションや髪形などのアドバイスもくださいます。

私は、タロットもしくはインナーチャイルドカードセッション、希望があればカラーセラピーなどカードによるセッションをします。45分です。

料金は合わせて90分ぐらいで1万円になります。

今回はどちらかのみ、という希望はすみませんが受け付けていないので、両方希望される方のみ
募集いたします。

ようやく猛暑も終わり、出かけたい気分になる季節です。
秋の装いを楽しむためのちょっとしたアドバイスを受けてみませんか?

ご希望の方はメールをくださいね。

よろしくお願いします。
nice!(2)  コメント(0)