So-net無料ブログ作成

火星イングレスとバレンタイン [占星学]

明日はバレンタインデーですが、勝負をかけようと思っている女性もいると思います。
今年はなんと、明日の19時52分、ちょうど巷では男女が告白タイムを迎えている時間帯かもしれませんが、
トランジットの火星がルーラーの牡羊座から牡牛座という、品位の悪い位置に移行つまりイングレスを迎えるのです。
通常、火星や天王星などの凶星のイングレスは天変地異などに出たりするんですが、バレンタインということで、火星は男性そのものをさすことがあります。
そして、女性にとってはエネルギーですし、好きな人に対して告白することにエネルギーを使うには有効な手助けになることがあるのですが、イングレスというのはサインが変わるので、エネルギーが急変することもあります。
しかもルーラーで強烈な牡羊座から品位の悪い居心地の悪い牡牛座へのイングレスですので、告白しようと思っていたけれどやめたくなったり、うまく伝えられなくなったりする可能性もあります。
ですから明日大事な告白をしたい人はできるだけ19時52分よりも前にそのパワーを用いるほうがいいでしょう。
さらに、トランジットの天王星もまた、牡羊座29度で現在火星と合です。なんとなく事故運を引き出すようなアスペクトですが、イライラが募っている人も多いし、今月は牡羊座の方からの依頼が殺到しているんです。

天王星は、来月6日には完全に牡牛座に移行しますのでこの日もまた17時36分にはイングレスになります。
私などは太陽がいきなりトラインになるので、できれば早く火星も天王星も牡羊座から去ってほしいのですが・・・。

イングレスは、動きの速い惑星は毎月起きますが、やはり急に何か気が変わったりとか、エネルギーが変わるような場合はイングレスに注目すると面白いと思います。
今月になってようやく仕事やレッスンのエンジンがかかってきたようなところがありますが、金星が6日に山羊座に移行したからだと思います。
来月2日には金星は動きが早いのでもう水瓶座に移行してしまうのですが、サインのイングレスもですが、ハウスのイングレスも注目に値します。
私は山羊座14度が1ハウスと2ハウスのカスプなので、17日にはもう、トランジット金星は2ハウスに行きますからまたこれは散財の恐れがあるため要注意です。

明日は月のボイドはありませんので、バレンタインには結構そのままパワーが出るとは思いますし、惑星の逆行もないので、火星29度牡羊座という最終度数のパワーを最大限に使えば、普段は出ないような勇気が出たりすることもあるかもしれません。

なんとなく偶然イングレスを迎える日がバレンタインだったのでちょっと気になってしまいました。

占星学やタロットについてもっと知りたい方、占い鑑定や鑑定レッスンをご希望の方はセレーネ・沙湖のホームページへどうぞ

★セレーネ・沙湖の占星カウンセリング
http://sacorin.com/

nice!(2)  コメント(0) 

トランジット惑星の偏り [占星学]

立春も過ぎ、2月はさすがに「にげる」というように、もう10日近くになります。
更新がなかなかできずにすみません。

久々に占星学のネタですが、トランジットの惑星を見ていてふと気づいたことがあって・・・。
現在、太陽が水瓶座ですが、月は毎日早く動くため、ちょっと度外視して考えますが、
惑星はすべて、射手座から牡羊座の間に集中しています。
しかも、木星以降の動きの遅い惑星はすべて射手座から魚座の間にあり、これらは「They are」つまり自分だけでもなく、自分と特定の人とでもなく、みんなのために・・・ということが主体になる星座です。
つまり、かなり偏った位置に集中しているため、個人のホロスコープのいずれかのハウスに偏るはずです。
私などアセンダントが射手座なので、すべての惑星が北半球にあるわけです。
どおりで、エンジンがかからないわけです。
内面にどちらかというと関心がいきやすい配置なのですが、実際には仕事がものすごく忙しく、自分の時間がほぼありませんので、エネルギーを非常に消耗してしまいます。
トランジット天王星は来月には牡牛座に移行しますがそれでも私にとっては5ハウス~6ハウスなので、
ディセンダントに一番早く来る時期はトランジットの火星が双子座11度に移行する4月18日以降なんだと発見してちょっと納得しました。
まあ、冬なのでエネルギーがあまりないというのもあるし、概ね冬眠したい時期ではありますが、トランジットの太陽が6月初旬には私のディセンダントを通過して南半球に移動しますが、しばらくは、年初めから半年ぐらいはすべての惑星が北半球に偏る年が続くのではないかと思うとエネルギーをどこかでねん出しないといけないなと思います。

この現象は、トランジット木星が双子座11度に来る2024年下旬まで続くんだと思うと少し怖いです。

ただ、断捨離や、終活など私のようなシニア年代の人間に必要なことをするにはいいのかもしれません。
内面を見つめなおし、何が本当に自分にとって必要なのかとか、そういったことを考えるといいでしょう。

みなさんにとってはうまい具合に半球のいずれかに集中しない場合もあると思いますが、どこかのハウスに偏ることは確かなので、空いているハウスや半球を充足させるように意識を向けないといけません。
だからまあ、私は南半球を補うために仕事をしているのかもしれませんが、さすがに北半球にこれだけ集中すると、やはり家事に追われたり、母の介護も徐々に増えてくるし、今年は主人の母の七回忌もあり、実家を少しリフォームしないといけないのだろうかとか、家の問題がいろいろ出てきています。

こういう星の配置もあるんだなぁとつくづく感じています。

nice!(3)  コメント(0)